仮想通貨ニュース

マインクラフトでビットコイン探し!?新感覚宝探しゲームが話題に

投稿日:

ブロックでできた世界で二次元生活を楽しめることで人気のゲーム「マインクラフト」。

そのサーバーを使って、ビットコインを探し出すゲーム「サトシクエスト」が話題です。

マインクラフトでビットコインをゲットするチャンスです。

 

要点

・賞金がビットコインの宝探しゲーム「サトシクエスト」
マインクラフトで「サトシクエスト」という宝探しゲームをリリース中です。お宝を見つければビットコインをもらえます。

 

宝探しでビットコインがもらえる「サトシクエスト」

「サトシクエスト」は、「Satoshi’s Treasure」という開発者が生み出したマインクラフト内のゲームです。

2020年1月26日に記念すべき初ラウンドを開催しました。

ラウンド中に最初に宝を見つけたプレイヤーが現れれば決着となり、ゲームリセットとなります。

オープンソースとしてGitHubにコードを公開しており、アクセス自体は無料です。

 

サトシクエストの遊び方

サトシクエストの主な遊び方を紹介します。

ウォレットを持ってサトシクエストに参加しよう

サトシクエストに参加するユーザーは仮想通貨ウォレットが必要です。

ゲームにアクセスすると自身のマインクラフト用アカウントに対応したビットコインウォレットを用意できます。

こちらに1回分の参加費用に相当する1ドル分以上のビットコインを入れましょう。

1ドル分のビットコインで「ライフ」を購入すれば、サトシクエストの世界へ入れます。

もとから持っているウォレットをマインクラフトのサーバーに直接つなげてもOKです。

 

参加費用と賞金はビットコインで

サトシクエストは参加費用と賞金をビットコインでまかなっているのが特徴です。

参加費用はサトシクエスト用のキャラクター制作費としてのビットコイン1ドル分であり、この費用は運営側が管理する賞金用ウォレットに収まります。

最初にお宝を見つけたユーザーは、その時点で賞金用ウォレットにある資産の85%分のビットコインを獲得できます。

残り10%は開発費用、5%は次のラウンド以降へ引き継ぎます。

ただしトランザクション手数料が賞金王ウォレットの総額を上回った状況だと、お宝を見つけても賞金をもらえないので注意しましょう。

相手を蹴落として戦利品を奪うことも

サトシクエストは単なる宝探しだけでなく、相手とのバトル要素もあります。

ゲーム中にほかのキャラクターを倒せば「キル」となり、相手をゲームから追放でき、宝探しやバトルの助けとなるアイテムを奪えます。

敵が少なくなるほど、お宝を見つけられる可能性は高くなります。

以上からサトシクエストは、宝探しとバトルを両立させる戦略が大切です。

 

マインクラフトは過去にもビットコインを取り入れたゲームが

マインクラフトは二次元世界を楽しむゲームとして世界中で人気ですが、このサーバー内では過去にもビットコインを取り入れたゲームがあります。

2014年にはビットクエスト、2015年にはプレイMCがビットコインを使えるゲームとして登場しました。

しかしどちらも当時は仮想通貨の認識度が低かったため、多くの人が知らないでしょう。

それでも以上の2つのゲームは、マインクラフトに仮想通貨を絡められることを証明しています。

仮想通貨の知名度が上がった現在なら、サトシクエストに興味を示す人が多く現れるでしょう。

仮想通貨のユーザーでマインクラフトが好きな人は、サトシクエストを遊んでみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

サトシクエストはマインクラフト内で展開する宝探しサバイバルゲームです。

参加費や賞金をビットコインでまかなっているのも特徴です。

宝探しを制すれば、ビットコインによる収益を手に入れられ、投資にも生かせるでしょう。

今回の記事で興味を持った方は早速サトシクエストを遊んでみませんか。

 

この記事がオススメ

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.