仮想通貨ニュース

NFTの一種「SBT」とは? 自民党・平将明衆議院議員の配布で話題

投稿日:

株式会社IndieSquareのプレスリリースで、6月23日から7月31日までの期間限定で「タイラくん SBT」の配布が発表されました。
自民党・平将明衆議院議員の応援団会員証として話題です。
SBTとは「ソウル・バウンド・トークン」の略で、NFTの一種になります。
今後もSBTを使ったイベントが注目を集めるかもしれません。
平議員の事例をもとに、その定義を解説します。

要点

・NFTの一種「SBT」とは?
平議員が関わることで話題のSBTは、NFTの一種です。

 

「タイラくん SBT」が登場

平将明衆議院議員は6月23日から期間限定で「タイラくん SBT」の配布をします。
自民党員を対象としたデジタル会員証で、日本の議会では初の取り組みです。
平議員は自民党Web3プロジェクトチーム座長を務めています。
「タイラくん SBT」は平議員の応援団会員証です。

今回のSBTは1000個の限定配布であり、先着順で手に入れられます。
東京都在住で、自民党の党員申請をオンライン本人確認で済ませた人物が取得可能です。
取得すれば、2023年9月に開催予定のイベントに参加できます。
このように日本の議会でも、Web3システムを使ったコミュニティが形成されるようになりました。

「タイラくん SBT」は、発行にあたってブロックチェーン手数料はかかりません
このようなガスレスでのトークン発行も、画期的です。
従来のトークンの発行や移動では、手数料がかかるケースが見られます。
以上を考えると、手数料がかからないSBTは便利でしょう。
「タイラくん SBT」がきっかけになり、今後日本でもSBTが広まるのでしょうか。

Twitterでは以下の口コミがありました。



 

SBTとはNFTの一種

SBTとは「ソウル・バウンド・トークン」の略で、NFTの形式名です。
一度手に入れれば、個人のウォレットIDにひもづきます。
そのため従来のNFTとは違い、売却や譲渡ができません
一方で医療記録や履歴、身分証明などの個人情報のデジタル化につながります。
SBTの活用機会が世界的に広まれば、今後は重要書類の扱いが手軽になるでしょう。

NFTも代替不可能トークンであり、1種類につき世界にひとつしかありません。
しかし特定のマーケットにおいて売買できます。

一方でSBTは所有者の移動が不可能ですが、その性質を生かし、個人情報身分の証明に使えるのが特徴です。
つまり従来のNFTより、社会的重要性が高くなるかもしれません。
個人情報のデジタル化という意味で、SBTは社会の常識を変える可能性があります。
 

SBTのメリットとデメリット

SBTのメリット個人情報のデジタル化で、代表例が出生証明書、卒業証明書、履歴書などです。
つまり個人や企業にとっての重要な書類が、デジタルトークンになる可能性を秘めています。

こうした書類は社会的に重要とされますが、必要時に探しても見つけづらいときがあるでしょう。
しかしSBTなら所有者が簡単な方法でアクセスできます。

一方でデメリットとして、紛失や乗っ取りのリスクがあります。
SBTは特定のウォレットで管理しますが、それを紛失すると一大事です。
またウォレットへの不正アクセスによって、乗っ取られる可能性もあります。
このような事態を防ぐには、強力なセキュリティが欠かせません。
SBTは個人情報のデジタル化ができる点で画期的ですが、健全な管理体制が課題です。
 

まとめ

SBTはNFTの一種であり、一度誰かの手に入れば譲渡できないのが特徴です。
日本では、自民党の平議員による「タイラくん SBT」で話題になっています。
個人情報を手軽に管理できるのが特徴ですが、セキュリティのような課題も見られます。
これから世界に広まるには、課題の解決が重要です。

国内でもWeb3発展の機運が高まっているため、SBTの浸透が見られるかもしれません。
今後、どのような活用例が生まれるのでしょうか。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2024 All Rights Reserved.