仮想通貨ニュース

ステラ財団がバーン発表で価格急騰!今後の展開は?

投稿日:

ステラ財団は5日、ステラをバーン(焼却)することを急遽発表しました。

事前に告知されていないサプライズとなり、これによりステラの価格が急騰しました。

要点

・バーン(焼却)
バーンとは、英語の意味通り「焼却」を示します。ステラだけに限らず、仮想通貨は希少性を高めるためにしばしばバーンが実施されます。バーンされた通貨は市場から完全になくなります。

 ステラ財団がバーンを発表

SDFの次のステップ

ステラ財団は5日、公式ブログでステラをバーンすることを公式に発表。

このことは事前に告知されていないものでいわゆる「サプライズ」イベントとなりました。

同団体の説明によると、これまでエアドロップを実施していましたが、それがマイナスの影響を及ぼすことになったとのこと。

今回はエアドロップ用に保管していた500億XLMと、運営ファンドが保有していた50億XLMをバーンしたとのこと。

今回のバーンはステラの市場供給量の半数にあたるもので、今後バーンする予定はないとのことです。

 

今後の展開は?

上記の発表を受け、サプライズだったこともあってかステラの価格は急騰しました。

ステラ円 日足

チャート参照:

本稿執筆時点でのステラの急騰率は前日比20%となっており、大きく価格が急騰しています。

注目したいのは、9月18日と9月19日のローソク足。

この2日間も大きく価格が上昇しましたが、いずれも終値で9円に乗せることなく、9.5円が大きなレジスタンスとなりました。

そのため、今回もまずは日足終値で9円に乗せられるか注目したいところ。

乗せてきた場合は、9.5円のレジスタンスに再度トライするか注目したいところです。

この後短期的に価格が調整する可能性も否定できませんが、75日移動平均線と25日移動平均線はゴールデンクロスしたので、現段階では上昇トレンドと判断できます。

また、今週は価格の相関性が高いリップルの大型イベント「SWELL2019」、12日はコインチェック上場を控えているため、今後も大きく価格が動く場面がありそう。

 

直近のボラティリティー(変動率)はかなり高まっているため、急騰・急落には気をつけたい場面ではあります。

 

まとめ

ステラ財団は5日、公式ブログでステラをバーンすることを発表。

この発表はサプライズでもあったため、ステラは前日比でおよそ20%の上昇をとげています。

ステラ動向に関しては今後も、SWELL2019やコインチェックなど価格が動く可能性があるイベントが続くので、引き続き要チェックの銘柄となりそうです。

 

この記事がオススメ

  • ビットカジノさんが用意してくれた1BTCを新規登録するみんなで山分けするキャンペーンになります。
  • 3/29~4/30の間にビットカジノにビットコイン谷経由リンクから登録したユーザーが対象です。
  • 0.1BTCの入金+0.1BTC以上のベットをしないと対象にはなりません。
    ※例えば10人が対象になった場合、1BTCを10人で分けるので、0.1BTCが無償でプレゼントされます。
  • よくある「山分けでビットコインをもらったけれど、出金条件を満たしていないため出金できませんでした。」というのは違反行為がない限りありません。

まさかの1BTCをそのまま山分けしていいですよと提供してくれる破格のキャンペーン・・・!

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.