仮想通貨ニュース

スクエニ、ブロックチェーンゲームに出資!

投稿日:

ブロックチェーンゲームの開発を手がけているアニモカブランドは、スクウェア・エニックスなどの投資家から、総額201万ドル出資が集まったことを明かした。

要点

・スクエニがブロックチェーンゲームに出資
ドラゴンクエストや、ファイナルファンタジーでお馴染みのスクエニが、ブロックチェーンゲームにも関心があることが、アニモカブランドの発表で明らかとなったが、出資額や出資企業などを含めた発表の内容を解説します。

アニモカブランドのプレスリリース

アニモカブランドの発表によると、今回の出資は、2019年7月〜9月に行われ、投資家の中にはスクウェア・エニックスの他、Bクリプトやトゥルー・グローバル・ベンチャーズなどが含まれるとのことです。

出資は、現金83%と仮想通貨17%からなる株式取得略式契約スキーム(SAFE)と、サンドトークン(SAND)の発行によって行われました。サンドトークンは、子会社のTSB Gaming Ltdが手がける「ザ・サンドボックス」で利用できます。

同ゲームは、これまでにも2回プレセールを実施し、1,300以上のイーサリアムを集めており、今回の出資は第3回目となる。

また、「ザ・サンドボックス」が2020年の後半に正式ローンチするとも述べました。

ザ・サンドボックスとは

ザ・サンドボックスは、プレイヤーがイーサリアムブロックチェーン場で作られた仮想世界で遊べるゲームです。「ランド」と呼ばれる仮想世界の土地を購入することで、プレイヤーは自由にキャラクターやオリジナルゲームを作成でき、好きなようにマネタイズできる

作成したキャラクターなどはNFTと呼ばれる、一点もののトークンが作成でき、ゲームやアイテムの所有権を自由に取引できることをテーマになっている。

現在累計4,000万ダウンロードを記録しており、毎月100万人以上のアクティブユーザーがいるという。

ザ・サンドボックスの創業者であり、COOであるセバスチャン・ボーゲット氏は、コインテレグラフジャパンのインタビューで、スクウェア・エニックスからの投資を大歓迎する発言を残している。

We are thrilled to have Square Enix with us as a strategic investor, supporting our ambitious vision of building the Metaverse where Creators can make games on their LANDs and trade ASSETS on our marketplace in a totally decentralized manner

(スクウェア・エニックスが戦略的投資家としてジョインし、クリエーターが自分たちの土地でゲームを作り、市場でアセットとして取引できるメタバースを構築するという、野心的なビジョンをサポートできることを嬉しく思います。)

 

スクエニもブロックチェーンゲームに関心を寄せる

ゲーム内のアイテムやキャラクターなどに所有権を与え、自由に取引できるブロックチェーンゲームは、スクウェア・エニックスも関心があるようです。

スクウェア・エニックスの代表取締役である松田洋祐氏は、今年初めにブロックチェーンが既に黎明期から脱していると話した上で、この分野が発展するためには、投機対象に止まらず、ゲーム体験に新しい何かをもたらせるかどうかが鍵だと話しています。

一部の熱狂的なファンの間のみで流行していたブロックチェーンゲームだが、大手ゲーム会社などが関心を寄せることで、この分野がどのようなに成長していくのか、注目が集まっています。

この記事がオススメ

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.