仮想通貨ニュース

スクウェアエニックス、NFTやブロックチェーン分野での活躍に向け中期事業戦略を公開

投稿日:

Coinpostによると株式会社スクウェアエニックスが、先週の決算説明会で中期事業戦略を明かしました。
NFTやブロックチェーン分野におけるエンターテイメントの推進がメインです。

スクウェアエニックスはブロックチェーン・エンタテインメント部門を2022年2月に立ち上げています。
今回の戦略発表により、本格的なデジタルコンテンツ推進を目指すのでしょう。

スクウェアエニックスの今後の戦略について、詳細を解説します。
 

要点

・スクウェアエニックスがブロックチェーンやNFT領域でのエンタメ推進へ
スクウェアエニックスがブロックチェーンやNFTコンテンツ推進に乗り出しました。その戦略の詳細を見ていきましょう。

 

スクウェアエニックスのデジタルエンタテインメント戦略とは

スクウェアエニックスは今回の戦略発表において、ブロックチェーン・エンタテインメント領域の本格的活動を掲げています。
同領域における主要施策は、以下の3つです。

・ブロックチェーンゲーム・エンタテインメント開発
・資金調達
・海外法人設立

ブロックチェーンゲームを通して、日本だけでなく世界中へのコンテンツ発信を狙っているようです。

スクウェアエニックスはブロックチェーンゲーム開発領域において、関連法規制整備やガイドライン策定に協力する考えを示しています。
ほかにもゲーム専用トークン発行関連コミュニティ設計などの方針も明かしました。
NFTが使える仮想空間「メタバース」を意識しているともとれます。

スクウェアエニックスはブロックチェーンゲームの世界発信だけでなく、NFT領域での活躍も目指すようです。
今回の同社の発表について、以下の口コミが寄せられました。

 

 

 

ブロックチェーン企業への投資もしている

スクウェアエニックスは、ブロックチェーン関連企業への投資もしています。
今回の戦略発表でも、さまざまな企業への出資に対する言及があったそうです。
出資先として名前が挙がったのは、主として以下の3つになります。

・アニモカブランズ(Web3.0大手)
・ザ・サンドボックス(メタバースプラットフォーム)
・Ubitus(クラウドゲームソリューション提供会社)

上記以外にもスクウェアエニックスには、検討中の投資先があるといいます。
実際に出資関連の実績も残してきました。
たとえば同社は2020年3月、アニモカブランズの2.3億円の資金調達をサポートしています。
国内大手のゲーム会社だけに、今後もブロックチェーン関連企業への援助にも注目です。
 

すでにNFT実証実験として「資産性ミリオンアーサー」をリリース

スクウェアエニックスは、すでにNFT領域で実績を残しはじめています。
2021年10月に「資産性ミリオンアーサー」をリリースしました。
こちらはNFTコレクションの一種で、デジタルシール収集がテーマになっています。
LINEブロックチェーンを基盤技術とするなど、高い信頼性がうかがえるでしょう。

スクウェアエニックスの中期戦略発表によると、資産性ミリオンアーサーのセカンドシーズン製作が決まったそうです。
ファーストシーズンはすでに2022年3月に終わりましたが、続編に期待する方もいるでしょう。
今後もスクウェアエニックスのNFT分野における活躍を見守ってください。
 

まとめ

スクウェアエニックスの中期戦略発表では、NFTやブロックチェーンゲームに力を入れる方針がわかっています。
すでに関連企業への投資や、NFT開発で実績を残しているため、今後も活躍にも期待がかかるでしょう。

日本国内でもメタバースを使ったゲーム開発に乗り出す企業が現れているため、スクウェアエニックスの作品にも注目が集まりそうです。
今後の進展を見守っていきましょう

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.