山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

「米中貿易摩擦・人民元下落・利下げ」!ビットコインと関係する世界情勢を簡単まとめ!

投稿日:

先週から金融市場が混乱しており、ビットコインは資金逃避先になって価格が上昇していると指摘されています。

今後のビットコインの値動きを占う、金融市場の動向を簡単にまとめました。

要点

・焦点は貿易交渉や人民元の動向
米国と中国の貿易摩擦に関しては、今後の焦点が両国の貿易交渉に。現在は泥沼化の様相を呈していますが、交渉のめどが立てばひとまずこの混乱はおさまりそうです。

 ビットコインと関係の深い国際情勢まとめ!

先週からビットコインの価格が上昇していますが、その背景にあるのが「米中貿易摩擦」に始まる世界経済の不透明感だと言われています。

今回は現時点でビットコインの値動きに関係する重要な世界情勢をまとめました。(記事を書いたのは8日時点でのもので情勢はひごとに変化する可能性があります)

 

ポイント①米中貿易摩擦(米中為替戦争)

まず押さえておきたいのが「米中貿易摩擦」

これは米国と中国がお互いの貿易が不利だと主張し、双方で関税をかけあうなど事態が泥沼化しています。

そして、ここまで株式市場が混乱しているのは、貿易摩擦が「為替戦争」に発展しかけているからです。

今月5日、米政府は中国に対し25年ぶりに「為替操作国」に認定。

例えばドルと人民元があった場合、通貨が安い方が輸出にかんして儲かることができます。

そこで米国は中国を「為替を操作していて違反」と主張しているのです。

 

ポイント②人民元下落

そして、今回の金融市場の混乱を招いているのが「人民元下落」。

中国の通貨である人民元は7日朝、2008年ぶりに対ドル価格で下落しました。

一見このことは何もないように思えますが、世界最大の輸出入をおこなう中国の為替が大きく変動することは、世界経済にとって大きな影響を及ぼします。

特に、リーマンショックに端を発した世界経済後退からの回復は、中国が為替をささえてきたから実現したとも指摘されるほどです。

 

ポイント③利下げ

このような世界経済の不透明感が漂う中、先週米国はおよそ10年ぶりに利下げを実施。

簡単にいうと、利下げを行えば経済への負担がかからなくなるため、米国は利下げを実施したわけです。

そして、8日になりインド、タイ、ニュージーランドといった世界中の新興国も事態を懸念して利下げを実施。

これらの国が利下げするのも「世界各国の情勢が悪化する前に先に利下げをして手を打っておこう」という作戦。

今後多くの国が利下げをし始めたら、米国、中国だけではなく世界中で「通貨安戦争(=自国の通貨を下げることで経済の負担を軽くする)」に発展しかねないので、今後の動向に注目。

また、これらを背景に、どこの国にも属さず金融市場の影響を受けないといわれるビットコインは資産逃避で価格が上昇していると言われています。

 

まとめ

現在の世界情勢の注目ポイントとなるのが「米中貿易摩擦」、「人民元下落」、「利下げ」。

現在はいずれの要因もまだ終息には至っていないので、これらのワードをおさえつつメディアをチェックすれば、おおまかに世界で何が起こっているのか、投資家が何に注目しているのかがわかるでしょう。

そして、これらの要因がおさまらない限り、ビットコインは資産逃避先となり価格が上昇する可能性があるので、金融市場をあわせ今後の展開を注視したい場面ではあります。

 

 

 

この記事がオススメ

当サイトでも反響のあるおすすめ記事です。テスラ社の511万円のモデルの車がプレゼントなどのキャンペーンが現在行われています。
ビットカジノスポーツベットは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノとブックメーカーです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府のライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了して遊べます。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

現在お得なキャンペーン中のため一度目を通しておくのがオススメです!

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.