山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

相場の長期的トレンド転換を示す3つのサインとは!?トム・リー氏が指摘!

投稿日:

トム・リー氏は20日、「仮想通貨冬の時代」が終わる13のサインを指摘しました。

今回は、その中でも話題となっており、重要と思われる3つのサインを抜粋して紹介します。

要点

・長期的なトレンド転換は濃厚か
4月の高騰相場以降、多くの専門家がトレンド転換を指摘しています。それを踏まえると、強気相場の可能性は濃厚のようです。

 現在の相場が強気相場であることを示す3つのサイン

不穏な後退の後に〜 $6、200、#Bitcoinバック>8000ドルはさらに正のトレンドはそのまま接着します。

我々は数週間前に述べたように, コンセンサス2019は、@coindesk暗号の冬が終わっているかどうかを証明することでした...

リー氏は20日、コンセンサス2019が終わったことにより、「仮想通貨冬の時代」が完全に終わったことを宣言しました。

同氏は合計で13のサインを挙げていますが、ここでは他の専門家も指摘している重要なサインを3つ紹介します。

 

①200日移動平均線の突破

【超重要!】ビットコイン暴騰で1年ぶり200日移動平均線突破!長期上昇トレンドの始まり!?

リー氏が指摘する中で最も重要なのが200日移動平均線の突破です。

これは、その他多くの専門家・投資家も指摘していることで、200日移動平均線は株・為替の世界でも中長期的なトレンドを計る際に用いられるテクニカルです。

ビットコインは4月の高騰で200日移動平均線を突破したことにより、まず中長期的なトレンド転換を果たしたといえるでしょう。

 

②200日移動平均線と50日移動平均線のゴールデンクロス

もうひとつリー氏が指摘するのは、200日移動平均と50日移動平均のゴールデンクロスです。

基本的に、短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上抜ける(ゴールデンクロス)するのは、強気トレンド突入のサインとなります。

さらに重要なのは、前回ビットコインのチャートでゴールデンクロスが確認されたのは2015年であり、その際は2017年までのバブルまでの上昇トレンドの入り口になったこと。

これらを踏まえれば、今回もここから価格が上昇していくことに期待できます。

 

ウィリー・ウー氏の指摘

昨年の下落を的中させたウィリー・ウー氏「ビットコインは99%強気相場突入」

リー氏はその他に、昨年の弱気相場を的中させたウィリー・ウー氏がトレンド転換を指摘したことも挙げています。

ウー氏は、全ての時間軸において価格が200SMAを上回った(200時間、800時間、200日、200週、200月など)ことを指摘。

それを踏まえると、現在の相場は99%強気トレンドに転換したとの見解を示している。

 

まとめ

リー氏は20日、コンセンサス2019が終わったことで、「仮想通貨冬の時代」が完全に終わったことを指摘。

その主なものとして、200日移動平均線の突破、200日移動平均線と50日移動平均線のゴールデンクロス、ウィリー・ウー氏の指摘などを挙げています。

このように、現在の相場は多くの専門家がトレンド転換を指摘しているので、今後価格が上昇していくことに期待したいところです。

 

 

この記事がオススメ

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.