仮想通貨ニュース

EUが提唱する「Web4」とは? Web3から何が変わるのか?

投稿日:

EURACTIVの6日報道によると、欧州委員会Web4戦略の草案がわかりました。
メタバースをはじめとする仮想世界について、新しい戦略を立てる見通しです。
2023年時点ではWeb3が話題で仮想通貨やNFT、メタバース、AIなどが発展しています。
Web4世代への突入で起こりうる変化を見ましょう。

要点

・EU提唱のWeb4で何が変わるのか
EUのWeb4提唱が話題になっています。Web3との違いを踏まえながら、概要を確かめてください。

 

EUがWeb4を提唱

欧州委員会Web4構想が一部メディアで報じられています。
彼らによるとこれは、ワールドワイドウェブの第4世代です。
AI(人工知能)やIoT、ブロックチェーン、VR(仮想世界)、AR(拡張現実)の発展が対象になります。
つまりWeb3までに頭角を表した技術を、Web4で応用させる形です。

欧州委員会によるとWeb4では、リアルタイムによる物理世界とデジタル世界の融合を目指します。
3Dや拡張現実を取り入れ、没入型の環境における仮想と現実の両立を狙う形です。
仮想通貨やブロックチェーンもWeb4で使われそうですが、6日報道時点ではそれらの位置づけがわかっていません。

いずれにしても構想がわかれば、将来のテクノロジーの発展に期待できます。
Twitterでは以下の口コミがありました。



 

Web4とは何か?

ビジネスデザイン会社のFOUR GLOBEによると、Web4は人間と機械の共生がテーマです。
人工知能やインターネット技術の発展によって、現実と仮想世界の融合も進んでいます。
このように機械的要素が、日常生活のさまざまな場面で絡むのが、Web4の特徴です。

たとえば近年は、ChatGPTが話題になりました。
これに質問をすれば、正確な回答を得られることがあります。
以上の流れを生かし、日常生活の疑問解決、プログラミングにおけるコード生成、ビジネス上の重要な決定などにつなげられるでしょう。

欧州委員会によるWeb4は、ネットワークを使った技術の統合を想定しています。
AIやIoT、VR、ARなどの技術を融合させ、日常生活に貢献させるイメージでしょう。
このようにWeb4は人間の日常生活において、機械が欠かせない状態を示します。
AIやブロックチェーン、AR、VRなどによって、生活に対するデジタルの関連性は強まるでしょう。
 

Web4とWeb3の違いは?

Web4とWeb3は、インターネット文化のテーマが違います
Web3分散型インターネットの時代とされ、たとえば仮想通貨にともなうブロックチェーンは分散型台帳とも呼ばれ、Web3の象徴です。
オープンソースで、あらゆる場所から誰もがデータをチェックできます。
このような革命性にともない、さまざまな文明が生まれるのがWeb3のテーマです。

一方でWeb4では、現実と仮想の融合がテーマになります。
ここでは分散型技術に限らず、AIやIoTなど既存のデジタル技術も積極的に取り入れる形です。
以上を適切に組み合わせ、新しい日常生活のあり方を実現するのでしょう。

EUの提唱するWeb4は、IT技術の集大成になりそうです。
各種技術の発展や応用により、我々の日常生活が大きく変わるかもしれません。
 

まとめ

EUからWeb4のアイデアが生まれたため、我々の日常生活も近い将来に大きく変わりそうです。
2023年時点では分散型技術が主役のWeb3が話題ですが、Web4ではAIやIoTといった技術まで活用され、新しい展開が見られるでしょう。
すでにChatGPTのように、日常生活やビジネスを変えそうな文明が生まれています。

今後は仮想通貨やブロックチェーンなどでも、Web4を意識した新ビジネスが登場するでしょう。
EUの提唱するWeb4が世界に与える恩恵に、注目が集まりそうです。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース
-, ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2024 All Rights Reserved.