山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

今後「18カ月以内に暴騰」!資産運用会社共同設立者ポンプ氏が発言!

投稿日:

資産運用会社モルガン・クリークデジタルの共同設立者であり、「ポンプ」の名称で知られるポンプリアーノ氏がメディアのインタビューに答えました。

同氏によると、次の18カ月で相場はさらに上昇するとのことです。

要点

・次の18カ月で価格が暴騰!?
ポンプ氏によると、ビットコインは次の18カ月で価格が上昇するとのこと。要因となる半減期や世界の金融政策に注目したいところです。

 ビットコインは今後18カ月以内に価格が暴騰!?

https://twitter.com/Jessicaw_tv/status/1138450702458675200

ビットコインは経済不安定の時代に王として君臨するのか?

ポンプ氏は12日、海外メディア「Bloxlive」のインタビューに出演。

そこで同氏は、ビットコインに今後18カ月以内に「嵐が訪れる」として、さらに価格が上昇していくのを指摘していました。

その根拠として同氏が挙げているのは、当ブログでも取り上げている「半減期」です。

2020年までにそのような重要なイベントが重なることから、ビットコインに対しては強気の見解を示しています。

 

金利引き下げや量的緩和政策にも注目か

同氏の発言で注目したいもうひとつの根拠は、中央銀行の金利引き下げや量的緩和政策です。

金融政策の「緩和」・・・簡単に説明すると、金利を引き下げることで経済への負担を軽くすることです。ここ数年、世界の中央銀行は「引き締め」の方向で進んでいましたが、世界経済後退懸念から再び緩和政策がとられることが議論されています。

ポンプ氏によると、これらも半減期に並び重要な出来事で、これらが立て続けに起こることから、ビットコインの価格は「嵐」のように上昇するとのことです。

世界経済後退懸念と仮想通貨市場の関係性については、今年急速に注目されており、まだ知らなかった方はぜひチェックしておいた方が良いでしょう。

「仮想通貨はなぜ上がっている?」背景に世界経済への不安か?

さらに、バンクオブアメリカのアナリスト、マイケルハーネット氏は、低金利によって投資先を失ったマネーが仮想通貨市場に流入していると指摘しています。

「半減期」と並ぶ重要ファンダか?ビットコイン(BTC)上昇に「世界経済」の関係

既存の金融市場の政策などは少し難しいですが、このように多くの専門家は仮想通貨市場の価格上昇要因にして指摘しているので、これらの要因を注視しつつ市場動向を追いたいものです。

 

まとめ

資産運用会社モルガン・クリークデジタルの共同設立者であり、「ポンプ」の名称で知られるポンプリアーノ氏は12日、海外メディア「Bloxlive」のインタビューに出演。

そこで同氏は、ビットコインが次の18カ月で「嵐が訪れる」としてさらに価格が上昇していく可能性を指摘しました。

同氏によれば、それらの要因となるのが半減期や世界の金融政策と指摘しているので、これらを注視しつつ価格が上昇していくのに期待したいところです。

 

この記事がオススメ

当サイトでも反響のあるおすすめ記事です。テスラ社の511万円のモデルの車がプレゼントなどのキャンペーンが現在行われています。
ビットカジノスポーツベットは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノとブックメーカーです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府のライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了して遊べます。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

現在お得なキャンペーン中のため一度目を通しておくのがオススメです!

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.