山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

リップル社CEOが語る!XRPがコインベースに上場できる3つの理由!わかりやすく解説

投稿日:

21日、アメリカで行われた「Future of Fintech」というカンファレンス内でリップル社CEOの口から、XRPがコインベースに上場するべき理由を語りました。

今回は、その理由をわかりやすくまとめたので、ご紹介します。

 

要点

・アメリカでのXRPの立ち位置

アメリカでは日本と違い、XRPの取り扱いあが非常に厳しい状況にあります。

それは、XRPが「有価証券」という種類に分類されるかもしれなく、取り扱いが難しいからです。

・ガーリングハウス氏が主張する3つの理由

ガーリングハウス氏はこのXRPの状況に反論しました。

それには3つの根拠があります。

ガーリングハウス氏が語る3つの理由

ガーリングハウス氏はXRPが有価証券に分類されない3つの理由を挙げています。

わかりやすくまとめたのが以下です。

・XRPは分散化されているので、リップル社から独立している
・XRPを購入することによって、投資家たちはリップル社から配当や利益を得ることはない。
(・XRPに有価証券の要件に該当するような項目はない)

つまり、この真逆のことが有価証券に分類される条件になります。では、まず有価証券はどのようなものかをみていきましょう。

 

有価証券とは?

有価証券は、簡単にいうと今日ある株券です。ある会社が発行する株券が有価証券だと思ってください(簡単なイメージです)。それらはすべて、ガーリングハウス氏の真逆の条件になります。

有価証券の条件
①株券はある会社から独立していない。権利などは株券を発行している会社に属する
②株券を購入すると、発行している会社から利益・配当がもらえる
(③株券には有価証券に値する項目が複数ある)

③はわかりづらいので、考えなくてOKです。

重要なのは①、②です。ガーリングハウス氏の主張は「XRPは①、②に当てはまらないから有価証券ではない!」と言いたいのでしょう。確かに、XRPを持っているだけで配当などがあるわけではありません。

しかし、①に関してはグレーゾーンで検証が必要な部分もあるかもしれません。

 

アメリカである有価証券議論

現在、アメリカでは「XRPを有価証券に分類するか・しないか」の議論が活発に行われています。

仮に、分類された場合と、されない場合を考えたのが以下になります。

・XRPが有価証券に分類される=SEC(米証券取引委員会)に認可を受けた取引所でなければ取引できなくなる=事実上の取引禁止
・XRPが有価証券に分類されない=現在よりも取り扱いのハードルが下がる

 

コインベースがXRPを取り扱いできない理由

とても簡単にいってしまえば、米最大の取引所コインベースがXRPの取り扱いをしない理由は「XRPがアメリカの法的にグレーゾーンだから」です。

万が一、取り扱ったとして、規制により上場廃止になれば取引所の信頼・名誉にも関わります。

特に、コインベースは顧客の信頼に重きを置いている取引所としても有名で、取り扱い通貨の合法性には厳しい面もあるようです。

 

まとめ・今後考えられるシナリオ

今後、この議論が決着するシナリオはいくつかあります。

①議論が長引く
②XRPが有価証券に分類されず、コインベースに上場
③XRPが有価証券に分類され、正式にアメリカでの取引が禁止される

単純に、この議論はむこう数年続くという観測もあります。その場合、しばらくは待つ展開が続きそうです。

②はハッピーエンドです。XRPが有価証券に分類されず、コインベースに上場されます。

その場合、ビッグサプライズとなり、価格が暴騰する可能性は高いです(イーサリアムクラシックは上場で20%以上暴騰しましたが、インパクトはその比ではありません)。

③はバッドエンドです。有価証券に認定され、アメリカでの取引が事実上禁止になります

 

SECに認定された取引所が出たら・・・?

しかし、SECに正式に認可された取引所が今後出現したら、XRPが有価証券関係なく、取り扱いができます

その筆頭候補としてあるのが、すでにビットコインライセンスを取得しているサークル社が買収した取引所Poloniexです。

とても簡単にいうと、SECに認可されれば、その通貨が有価証券であろうが・なかろうが関係ないので、XRPが取り扱いできる可能性はあります。

コインベースへの上場は、アメリカの取引量を増やす一番の近道といえるので、リップル社にとってもこの問題を解決したいようです。

まだ議論は長引きそうですが、大きな期待はできるトピックでしょう。

 

これからXRPを取引するなら

bitbankはこれから仮想通貨を取引する人におすすめしたい取引所です。

※bitFlyerが新規顧客を受け入れを停止したことにより、取引量では国内で圧倒的に多い取引所になっていくのが濃厚です。

取引手数料0円・スプレッドは低いので、実質手数料無料で取引できます

キャンペーンは6月までとなっています。取引所で手数料が無料なのは「今後ない」といってもいいほど珍しいチャンス

また、同系列のbitbanktradeでは、国内唯一追証なし・レバレッジ20倍の取引も可能。

4月はXRPの取引高が世界1位を記録し今後注目度がますます上がる取引所なのは間違いないでしょう。

アルトコインをお得に買えるのは有名で、他の仮想通貨も多くの顧客を抱え、高い流動性によりお得に売買することができます

XRPの価格が安い今、少額から仕込んでおくのを強くおすすめします

 

bitbank公式サイト

 

-仮想通貨ニュース
-,

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.