山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨の仕組み

リップル社が20年の3大テーマを発表!「仮想通貨普及の年」!

投稿日:

リップル社は19日、XRPや自社の活動にとどまらない仮想通貨市場全体のテーマを発表。

それによると、20年を仮想通貨普及の年とし、ポジティブな見通しを述べました。

要点

・2020年の三大テーマ
リップル社によれば、20年は仮想通貨の普及、利用の増加、業界の変化が起こる重要な年になると指摘。必ずしも正しいとは限りませんが、このことを念頭に材料などを追っていきたいものです。

 仮想通貨市場における2020年の3つのテーマ

リップル社は19日に公式サイトで仮想通貨市場における20年の展望を発表。

これは自社の活動やXRPの動向に限らない、市場全体を通した3大テーマとなっています。

その中で、同社は20年の3大テーマを「仮想通貨の普及」、「利用の増加」、「業界の変化」と指摘しています。

 

20年の3大テーマ①「仮想通貨の普及」

リップル社によれば、20年は「仮想通貨普及の年」になると指摘。

そのメインになるのがモバイルウォレットでの利用で、PayPalといった大手の決済アプリなどがその入り口になると指摘しています。

日本でいえば、リップル社も関わる決済アプリ「Money Tap」をイメージすればわかりやすいでしょう。

【リップル】マネータップ(Money Tap)がPay Payと提携することが決定!普及促進なるか

また、新興国ではメインストリームでの活用も起こる可能性があると指摘。

ケニアやナイジェリア、トルコのような法定通貨の価値が不安定な国々ではすでに仮想通貨での利用も増加傾向にありますが、来年以降も新興国と仮想通貨の関係性は注目です。

 

20年の3大テーマ②「企業利用の増加」

二つ目は「企業利用の増加」。

リップル社によれば、ブロックチェーンを活用したソリューションの導入が20年に進み、仮想通貨自体の信頼性も上がると予想。

現段階ではFacebookのリブラが最もわかりやすい例として挙げられるでしょう。

さらに、世界の銀行が仮想通貨の保有や運用をするケースも増加すると指摘しています。

このことに関しては、今月ドイツの銀行が仮想通貨の保有と販売を始めるという報道も入ってきています。

ドイツの銀行が仮想通貨を販売・保管開始!?さきがけ事例として注目か!

また、法定通貨のデジタル化も進むとリップル社は指摘しており、中国をはじめとした各国の法定通貨デジタル化動向も大きなテーマとなりそうです。

 

20年の3大テーマ③「業界の変化」

3つのテーマとなるのが「業界の変化」。

リップル社によれば、20年は小規模の取引所は合併や閉鎖に追い込まれると予想しています。

ただ、このことに関しては、すでに今年に世界中で起きていますが、上記に挙げた銀行や政府がよりデジタル通貨領域に入ってくれば、それと併せて業界の構造も変わると考えているようです。

CEOガーリングハウス氏は仮想通貨プロジェットにも変化が訪れると言及しており、2000ものプロジェクトは多すぎることを指摘、アルトコインに関しては淘汰が起きると指摘しています。

アルトバブルはもう来ない!?アナリストが「すべての価値はビットコインに流れる」とCNBCで発言

 

まとめ

リップル社は19日、XRPや自社の活動にとどまらない仮想通貨市場全体のテーマを発表。

それによると、20年は「仮想通貨の普及」、「利用の増加」、「業界の変化」とし、全体としてポジティブな見通しになる予想しました。

もちろん、これらの予想が必ずしも正しいとは限らず、また新しい材料が出てくる可能性も十分にあり得ますが、リップル社が指摘するのはいずれも根本的で重要なテーマとなります。

そのため、このことを頭の片隅におきつつ規制や企業の利用、そして価格動向などを追っていきたいですね。

 

この記事がオススメ

最大手ブックメーカー「Sportsbet.io」を知らないと損するかもしれません。

ブックメーカーとは、サッカーや野球・バスケ・テニス・ゴルフなどのスポーツなどの結果に対して賭けることのできるサービスで、欧米では絶大な人気を誇っています。

 

Sportsbet.ioは国内で遊ぶ上での問題点を全てクリアしており、日本語サポートも完備!

安心、健全、安全に世界で流行っている"大人の遊び"を日本でも楽しめるようになりました。

 

Sportsbet.ioの特筆すべき点は、自分が賭ける試合の「オッズを好きなタイミングで上げられる」事です。

 

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨の仕組み
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.