仮想通貨の仕組み

【12/17】ビットコイン下落で再び局面へ!心配はなし?

投稿日:

17日の仮想通貨市場はビットコイン、アルトコインともに全面安の展開に。

ビットコインに関しては11月末からのレンジ下限に近付いており、局面を迎えています。

要点

・ビットコイン下落で再び局面へ?
ビットコインは長らくレンジ相場が続いており、レンジをブレイクすれば大相場になる可能性も。重要な価格帯に接近しているうちは、価格動向は注目したほうがよいでしょう。

 ビットコインはレンジ下限に近付き局面へ

今週の展望でもお伝えした通り、ビットコインは11月末からレンジ相場が続いており、今週ブレイクする可能性も十分にありえます。

【12/16】今週の仮想通貨市場はどうなる?ビットコインレンジに注目!

そして、17日の仮想通貨市場はビットコインが前日比およそ3%の下落となっており、アルトも含めて全面安の展開に。

ビットコイン円 4時間足 11月末~

本稿執筆時点では75万円で推移しており、中長期で重要なサポートである73万円から74万円のサポートに接近しています。

しかし、このまま価格が下落し続けるかといえば定かではなく、レンジ内でいるうちはそんなに心配する必要はないでしょう。

ただし、74万円から73万円を割り込んでくると、次のサポートが25日つけた71万円になるため、警戒が必要になります。

 

引き続き材料を見据えた相場動向に注目

繰り返しにはなりますが、今回の下落に関してはレンジの範囲内であり、特段悪材料がなく下落したのでそこまで心配する必要はないでしょう。

むしろ、このレンジで反発することができれば、再度下値の堅さを確認することができるため、それだけでポジティブな材料にもなります。

また、引き続き来年へ向けての材料には注目。

特に、直近では各国規制にかんする報道が出てきているので、今週、新たな材料がでてくる可能性はまだあるでしょう。

しかし、懸念されるのは、ビットコインのボラティリティー(変動率)。

直近では、前日比で大幅に下落しましたが、12月に入ってからは値動きが小さくなってきている傾向に。

このまま取引が活性化しないまま、今回のような下落が続くとセンチメント(心理)としてはマイナスとなるので、ボラティリティーが上がってくるかも注目したいところではあります。

 

まとめ

ぱっとしない相場が続いている仮想通貨市場ですが、17日にビットコインは前日比でおよそ3%のマイナスとなり、仮想通貨市場は全面安の展開に。

しかし、まだレンジ下限での価格推移なので、とりあえずは73万円から74万円がサポートされるか注目となるでしょう。

今回の下落はまだそこまで心配する段階ではありませんが、直近ではボラティリティーが下がってきており、このままダラダラと価格が下落するようであれば、センチメントは悪化するので、それを踏まえた上で引き続き価格動向をおっていきたいものです。

 

この記事がオススメ

  • ビットカジノさんが用意してくれた1BTCを新規登録するみんなで山分けするキャンペーンになります。
  • 3/29~4/30の間にビットカジノにビットコイン谷経由リンクから登録したユーザーが対象です。
  • 0.1BTCの入金+0.1BTC以上のベットをしないと対象にはなりません。
    ※例えば10人が対象になった場合、1BTCを10人で分けるので、0.1BTCが無償でプレゼントされます。
  • よくある「山分けでビットコインをもらったけれど、出金条件を満たしていないため出金できませんでした。」というのは違反行為がない限りありません。

まさかの1BTCをそのまま山分けしていいですよと提供してくれる破格のキャンペーン・・・!

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨の仕組み
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.