山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨の仕組み

楽天ポイントでビットコイン等3種の仮想通貨が交換可能に!認知拡大に期待?

投稿日:

楽天は24日、楽天ポイントでビットコインを始めとした3種の通貨を交換できるサービスを発表しました。

これにより、国内で仮想通貨の認知が拡大するか注目です。

要点

・来年へ向けた動向にも期待?
直近でJCBのブロックチェーン導入の報道にもあるように、これから大手企業のユースケースが増加していくか注目。国内だけでなく世界的にこの動きが広まれば、業界にとってはポジティブなニュースとなります。

 楽天ポイントで3種の仮想通貨が交換可能に

楽天は24日、公式プレスでビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュを楽天ポイントで交換できるサービスを発表しました。

楽天ポイント・・・楽天のあらゆるサービスで貯まるポイント。17年時点では付与ポイントが1兆円を突破し、ポイントだけでも巨大な経済圏を築いている。

同プレスによると、交換は楽天ウォレットからで、1ポイント1円換算で100ポイントから対応するとのこと。

参照元:https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2019/1224_01.html?year=2019&month=12&category=corp%20ec%20fintech

狙いとしては、楽天ポイントの利便性向上や、仮想通貨の普及拡大があるとのことです。

今回の件に関しては、仮想通貨自体のユースケースとしては弱いですが、国内で多くのユーザーを抱える楽天がこのようなサービスを開始したのは業界にとってはポジティブ。

楽天は「楽天Pay」で決済分野も手掛けているので、将来的には決済事業との絡みも注目となりそうです。

 

来年は企業のユースケースに期待!?

今年は楽天以外で、LINEも仮想通貨取引サービスを解禁し、その意味では業界にとってポジティブな年となったでしょう。

LINE直営の仮想通貨取引所「BITMAX」がついにローンチ!「7pay」の屈辱はたせるか?

また、直近では国内最大手クレジットカード企業「JCB」もブロックチェーン技術を導入する報道が入ってきています。

国内最大手クレジットカード「JCB」がブロックチェーン導入へ!仮想通貨の普及にも?

しかし、これらは仮想通貨を購入できるだけで「直接使う」という意味では事例は少ないです。

リップル社の展望でも述べられたように、来年からはLINEや楽天、海外ではリブラなど、企業がブロックチェーン・仮想通貨を使うケースも増えるとのことなので、引き続きこの流れは世界的に注目していきたい材料であります。

 

まとめ

楽天は24日、楽天ポイントでビットコインを始めとした3種の通貨を交換できるサービスを発表。

交換できる通貨はビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュの3種ですでに交換できるサービスは開始されています。

リップル社の展望によれば、来年は企業がこのように仮想通貨やブロックチェーンを導入するケースも増えるとのことなので、国内に限らず世界的に個の動向は追っていきたいものです。

 

この記事がオススメ

最大手ブックメーカー「Sportsbet.io」を知らないと損するかもしれません。

ブックメーカーとは、サッカーや野球・バスケ・テニス・ゴルフなどのスポーツなどの結果に対して賭けることのできるサービスで、欧米では絶大な人気を誇っています。

 

Sportsbet.ioは国内で遊ぶ上での問題点を全てクリアしており、日本語サポートも完備!

安心、健全、安全に世界で流行っている"大人の遊び"を日本でも楽しめるようになりました。

 

Sportsbet.ioの特筆すべき点は、自分が賭ける試合の「オッズを好きなタイミングで上げられる」事です。

 

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨の仕組み
-, ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.