仮想通貨の仕組み

ビットコインが20年2月に95%の確率で100万越え!?分析会社レポートで

投稿日:

仮想通貨分析企業トークンインサイトによると、モンテカルロ法という分析方法からビットコインが来年2月に95%の確率で100万円をこえるとのこと。

仮想通貨アナリストやメディアから多くの分析方法が出てきています。

要点

・来年の予想続々と
トークンインサイト以外にもアナリストや専門家から多くの価格予想が。テクニカルやファンダメンタルズや多くの側面から分析しているので、来年の相場をチェックするうえではチェックしておきたいところです。

 20年2月に95%の確率で100万越え

分析企業トークンインサイトによると、ビットコインは来年2月に95%でおよそ100万円(1万ドル)に到達するとのこと。

今回、同社は「モンテカルロ法」という分析方法をつかっており、コンピューターで大量の乱数を生成・試行することで適正価格を求める方法とのこと。

 

それによると、今後3ヶ月のビットコインの95%信頼できる価格帯は9130・6ドルから1万342.73ドルとのことで、おおまかにいうと、2月に100万円に到達する可能性があるとのことです。

また、マイニング機器の価格から、ビットコインは5000ドルから6000ドルを下回るとマイナーの採算が合わなくなることを指摘。

6000ドルというのは、テクニカルでも非常に重要な価格帯であるため、来年以降も価格が下落した際は注目していきたい価格であります。

 

来年の予想続々と

トークンサイト以外にも、専門家やアナリストからは多くの価格予想が出ています。

直近ではブルームバーグが来年の予想を出しています。

ビットコインは20年に再び150万円へ!ブルームバーグが研究レポートを発表!

ブルームバーグも強気の予想をしており、1万ドルをこえるほか、今年の最高値である150万円に到達するとの指摘も。

ブルームバーグもトークンインサイトが指摘した6000ドルを重要な価格帯として挙げています。

また、ファンドストラッド社のトム・リー氏は直近で米株が好調なことを理由に来年のビットコインはポジティブと指摘。

「ビットコインは来年へ向けポジティブ」!リー氏の最新の見解とは

また、下落理由は世界的に不明確な仮想通貨規制を指摘しているので、その意味で来年以降仮想通貨規制がより明確化されるかにも注目していきたいところです。

 

まとめ

仮想通貨分析企業トークンインサイトによると、モンテカルロ法という分析方法からビットコインが来年2月に95%の確率で100万円をこえるとのこと。

また、マイング価格からは6000ドルが重要な価格帯として指摘しています。

トークンインサイト以外にも直近では様々な専門機関・アナリストが予想を発表しており、テクニカル・ファンダメンタルズなど多角的な側面で分析をおこなっているので、来年の動向を追う上でぜひチェックしておきたいところです。

 

この記事がオススメ

  • ビットカジノさんが用意してくれた1BTCを新規登録するみんなで山分けするキャンペーンになります。
  • 3/29~4/30の間にビットカジノにビットコイン谷経由リンクから登録したユーザーが対象です。
  • 0.1BTCの入金+0.1BTC以上のベットをしないと対象にはなりません。
    ※例えば10人が対象になった場合、1BTCを10人で分けるので、0.1BTCが無償でプレゼントされます。
  • よくある「山分けでビットコインをもらったけれど、出金条件を満たしていないため出金できませんでした。」というのは違反行為がない限りありません。

まさかの1BTCをそのまま山分けしていいですよと提供してくれる破格のキャンペーン・・・!

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨の仕組み
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.