仮想通貨ウォレット・ツール

SBIレミットがXRP活用の国際送金サービスの対象国を追加

投稿日:

SBIレミット株式会社(以下SBIレミット)は6日のプレスリリースで、XRP活用の国際送金サービスを、一部アジア地域向けに拡大したと明かしました。
XRPは送金能力が高いので、サービス拡大により対象国での経済活性化を望めます。
今回の送金サービスが世界的に広まれば、経済活動の常識が変わるでしょう。
SBIレミットの最近の動向や、送金サービスの詳細について、以下を確かめてください。

要点

・SBIレミットが東南アジア向けに国際送金サービスを拡大
SBIレミットはXRP活用の国際送金サービスについて、東南アジアでの拡大を発表しました。

 

新たにベトナムとインドネシアで利用可能に

SBIレミットは6日のプレスリリースで、XRPを使った国際送金サービスの提供について、9月からの順次開始を発表しました。
この事業では以下の3社と提携しています。

・SBI VCトレード株式会社
・リップル社
・SBIリップルアジア株式会社

SBIグループの仮想通貨部門とリップル社の協業で、新しい国際送金サービスを本格化させます。

Coinpostの報道では従来のフィリピンに加え、ベトナムインドネシアでも利用可能です。
つまり東南アジア地域での拡大を見込んでいます。
今回の国際送金サービスの対象国は、アジア新興国として経済的な注目を受けているところです。
仮想通貨の利用機会拡大も想定されるので、SBIグループによる送金インフラの整備は欠かせません。

以上からSBIグループは、東南アジアでの送金インフラ整備を通し、Web3業界へのアピールを図ります。
X(旧Twitter)では以下のコメントがありました。



 

SBIレミットの国際送金サービスとは

SBIレミットの国際送金サービスは、リップル社提供のRipple Paymentsを活用しています。
これによりリアルタイム決済をローコストで実現できます。
国際送金には手数料がつきものなので、コスト削減が課題です。
SBIレミットが使うシステムは、そうした問題を解決できるでしょう。

2021年にSBIレミットは、Ripple Paymentsを生かした仮想通貨型ソリューションを取り入れました。
ここでXRPブリッジ通貨となり、手数料を削減しながらスピーディに決済できます。

今回の国際送金サービスの拡充は、一部東南アジアの金融機関にとって大きなメリットになるでしょう。
手数料削減で利益を確保しやすくなり、スピーディな送金で経済活動がスムーズになります。
SBIレミットの国際送金サービスは、Ripple Paymentsを生かしてクオリティを高めているのが特徴です。
ローコストかつ高速の送金を実現して、経済活性化につなげるでしょう。
 

SBIレミットが関わる送金スキーム

SBIレミットは今回の国際送金サービスにおいて、独自の送金スキームを築いています。
まず送金者は国際送金が必要になったとき、同社にお金を振り込みます。
振り込んだ金額はSBI VCトレードへ移り、XRPに置き換えられるしくみです。

送金能力の高いXRPは、短時間で金融機関へ送り込まれます。
以上のプロセスによりフィリピン、ベトナム、インドネシアでの受取人は、相手からの送金をスムーズに受け取れるのです。

SBIレミットの国際送金サービスは、XRPの力によってリアルタイム送金を実現しています。
そのため東南アジアの一部地域では、国際送金が活発化するでしょう。
 

まとめ

SBIレミットが、東南アジア3カ国での国際送金サービス運用開始を明かしました。
サービスに使うXRPは、ローコストかつ高速での送金に役立ちます。
ブリッジ通貨となって、法定通貨の高速送金を助けるからです。

以上により東南アジアの一部地域では、経済の活性化を期待できます。
XRP活用の国際送金サービスは、今後新たな国で使えれば、注目度を高められるでしょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ウォレット・ツール
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2024 All Rights Reserved.