山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨の種類・銘柄

仮想通貨の投資が副業に!?今話題でおすすめな仮想通貨を一覧で徹底解剖

更新日:

やはりビットコインは欠かせない

仮想通貨を使って投資・資産運用している人が日本国内でも増えてきています。仮想通貨の投資は副業で稼げるチャンスがあります。サラリーマンや主婦、学生の方が片手間で仮想通貨に投資するのです。

仮想通貨の中には急騰している銘柄もあって、副業とは言えないほどの利益を得ている人もいます。

空いている時間を使って、仮想通貨に投資しよう、でも何を購入すればいいのかわからないという人はいませんか?

仮想通貨投資初心者におすすめなのは、間違いなくビットコインです。仮想通貨について詳しくなくても、ビットコインの名前なら聞いたことがある人も多いはずです。

 

仮想通貨に限ったことではないですが、投資をするにあたって重要なのは対象の金融商品に慣れることです。

実際に保有して、その商品の価値が上がっているか下がっているかをチェックして、体に運用をしみこませましょう。

ビットコインは数ある通貨の中でも、基軸通貨になっています。現実世界の通貨の場合、アメリカドルのような存在です。

まだ登場して間もない通貨の場合、取扱い数が少ないため、激しい価格変動をすることがあります。一方ビットコインの場合、仮想通貨の中で安定感はトップクラスです。

つまり、大きな損失を出しにくい、堅実な運用先と言えます。初心者にとって重要なのは利益を出すことではなく、損失をいかに計上しないようにするかです。

その意味では、ビットコインから運用をスタートするのがおすすめなのです。仮想通貨は世界中で利用者が増えていて、当面その価値は上昇すると見られています。

ビットコインについても今後しばらく上昇局面で推移する可能性は高く、基軸通貨の強みを生かして大きく値崩れする可能性も低いです。

 

スマートコントラクトが注目を集めるイーサリアム

副業で仮想通貨投資をする人のために、おすすめ通貨の一覧がネット上でしばしば紹介されています。一覧の中でほぼ確実に紹介されているのが、イーサリアムです。

プラットフォームの総称「イーサリアムプロジェクト」の中で誕生した通貨でイーサーと呼ばれます。なぜおすすめ一覧で紹介されるか、それはスマートコントラクトにあります。

スマートコントラクトとは、売買情報と契約情報を一括管理する技術のことです。しかもイーサリアムはマイクロソフトと提携しています。

加えて大手金融機関が続々契約しているということもあって、仮想通貨が銀行で今後取り扱われるのではないかと高い期待が掛けられています。

 

イーサリアム・アライアンスという大手企業が創設したプロジェクトも注目されています。

しかも2017年5月にはトヨタ自動車や三菱東京UFJ銀行など日本の有名企業も参画していて、日本の投資家の間でも関心の高い銘柄になりました。その影響もあって、2017年上半期は価格が安定して上昇しました。

ただしイーサリアムの場合、懸念材料のあるのもまた事実です。2016年7月にハッカーによる攻撃を受け、その結果、大量のイーサリアムが不正に抜き取られるという事件が起こりました。

この問題ですが、ハードフォークを実施することで不正に抜き取られた通貨そのものを使えなくすることで対処しました。

このような事件の起こる可能性があることも考慮して、運用で活用するかどうかを判断しましょう。

近年急激に上昇しているダッシュ

仮想通貨おすすめ一覧の中で、近年紹介されることの多いのがダッシュです。2017年ごろから急激に価格が上昇しています。

これはコンセンサス2017にスポンサーとして参加して知名度が急上昇したことに関係していると見られています。コンセンサス2017とは世界最大規模で開催される仮想通貨の会議のことです。

急騰すると通常はその反動で急落することが多いのですが、価格が大きく下がることもなく、安定して右肩上がりで推移しています。

これから副業として投資を検討している人は、少なくてもその動向をチェックしておきたい通貨と言えます。

 

ダッシュが関心を集めている理由は、その利便性の高さにあります。ダッシュは高い匿名性に守られて取り引きができます。

それはコインミキシングという技術によって成立しています。

コインミキシングとは通貨を送受信した場合、管理ノードを経由します。管理ノードにはすべての取引が入ってきますので、他の人の送信中のお金と混ざります。

その上で指定した受信者に送信するシステムをとっているので、結局誰が誰に向けて送信したのか、その記録がなくなるシステムなのです。

もう一つダッシュの利便性が高く評価されているのは即時取引です。ダッシュでは、InstantXという技術が導入されています。

分散コンピューターの中から特定のマスターノードを選定します。マスターノードに承認処理が一元化されます。特定の場所で一気に承認するので、処理スピードが上昇するわけです。

例えば仮想通貨の中でもメジャーなビットコインの場合、承認するまでに平均すると10分前後かかると言われています。

一方ダッシュの場合、承認作業にかかる時間は4秒程度と言われ、ビットコインと比較して1/150の時間で承認できるわけです。

このようにスピーディで匿名性も守られるということで、仮想通貨の取引でダッシュを利用する人も世界中で徐々に増加しつつあります。このため、投資をすれば今後値上がりが期待できるわけです。

3倍に上昇したモネロ

仮想通貨の値動きをチャートでたどってみると、急騰している銘柄にモネロがあります。おすすめ一覧の中でも紹介されることがある通貨です。

2017年に入って1年かからずにその価値が実に3倍に上昇しているなど、仮想通貨業界で急速に注目を集めています。

モネロがなぜここまで関心を集めているのか、それは高い匿名性にあります。

モネロではワンタイムリング署名という技術が導入されています。このため、送信情報が分かりにくくなって秘匿性が守られた中で取引できるとして世界中で利用者数が増えています。

ただし、この匿名性が悪用されるのではないかと懸念する声もあるので注意しましょう。匿名送金は需要が高い半面、犯罪の温床になるのではないかという指摘もあります。

実際過去には違法ドラッグの売買で使われているという話もありました。このような問題が発生した場合、一気に急落という可能性もありますので注意しなければなりません。

-仮想通貨の種類・銘柄
-, , ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.