山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨の種類・銘柄

【超初心者向け】bitcoin(ビットコイン)の仕組みから購入方法まで全部解説します。

投稿日:

bitcoin(ビットコイン)について

ビットコインとは何かというと仮想通貨のひとつを指します。仮想通貨は一般的な通貨とは違い、オンライン上での取引を可能とする特殊な通貨のことです。

仮想通貨を使えば、一般的な通貨と同様に物を買ったり、サービスを利用したりすることができます。他の通貨との交換も可能です。

近年、仮想通貨が世間に浸透してきていることから、さまざまな仮想通貨が利用されていますが、ビットコインはその中でもトップクラスにシェアが多い仮想通貨となっています。

 

ビットコインの仕組み

ビットコインは仮想通貨なので、国が発行しているわけではありません。国の通貨は中央銀行が管理していますが、ビットコインの場合、その管理に国や企業が関与することはありません。

そのため、国の通貨のように価値の保証がなく、「使っても大丈夫なのか?」と心配になるかもしれませんが、国や企業が関与しない仕組みだからこそ可能なこともあります。

ではどのような仕組みで管理されているかですが、もちろん管理自体は行われています。通貨は管理しなければ大量に発行するなどして悪用される危険があります。

そうなればその通貨の価値や信用は下がり、使い物にならなくなるでしょう。

そこでビットコインはコンピュータネットワークで通貨の管理を実現しています。

たとえば、新しいビットコインが発行されたり、その取引が行われた時はコンピュータネットワーク上にそれらの詳細情報が保存される仕組みになっています。

この情報は誰もが閲覧できるので、通貨の悪用は防止できます。また個人情報は記録されないので、ビットコインを利用することで個人情報が流出することもありません。

 

マイニング

ビットコインは定期的に通貨発行や取引の詳細情報をコンピュータネットワーク上に分散して保存しています。

その記録はもともと保存されているデータと新たに保存するデータの整合性がとれるように行わなければいけません。

そのため、計算量が多くなり、既存のコンピュータだけでは計算しきれない可能性が出てきます。

ビットコインは計算を間に合わせるために有志を募ってコンピュータを借り、計算を代わりに行ってもらっています。

これなら記録時の計算量が多かったとしても協力者と分担することで、ビットコインを運営していくことができます。

ちなみにビットコインの記録の計算を手伝った人にはビットコインが報酬に支払われます。

この時支払われるビットコインはすでに発行されたものではなく、新たに発行したものです。

このようにビットコインの運営に貢献し、新規発行のビットコインを得ることを「マイニング(採掘の意)」といいます。

マイニングは新規発行のビットコインが欲しい世界中の人々が日々行っています。

ビットコインは仮想通貨といえどお金には変わりないので、マイニングを行うことはビジネスともいえます。

ちなみにビットコインが新規発行されるのはこのマイニングが行われた時のみです。マイニングを行う人がいるからこそビットコインは生まれ、なおかつ運営の安全性が保たれているわけです。

 

ビットコインには発行数の限度がある

ビットコインはマイニングによって発行され続けていますが、その発行数には限度があります。

発行数の限度はビットコイン設計当時から設定されており、その数は2,100万枚(正確には20,999,999.9769BTC)です。

今のところはまだまだ発行数の限度には届きそうにないですが、ワンブロックごとのマイニングにかかる時間を考慮すると、2140年頃には上限に達すると予測されています。

ビットコインの発行数が限度に達したらそれ以上はもうビットコインを発行することができなくなり、マイニングも行われなくなります。これはちょうど実際の採掘で鉱石が掘り尽くされた状況と同じです。

今後、ビットコインの発行数が限度数に近づいていくにつれ、その希少性はどんどん高まっていくことが予想されます。そのため、ビットコインは将来性のある仮想通貨といえるのです。

 

ビットコインの購入方法

ビットコインを購入する時、大体3つの方法がとられます。1つ目はビットコインの取引所・販売所で購入する方法です。

取引所・販売所はビットコインの売買を目的とする人たちを仲介するサービスを行っているところで、アカウントを作成すればすぐに利用することができます。

2つ目はOTC(Over the counter)取引をする方法です。OTC取引は取引所・販売所といった仲介を通さずに個人同士でビットコインを売買することを指します。

仲介を通さない分、仲介手数料を支払う必要がないことや売買価格を自由に決められること、大量のビットコインを売買しても市場価格に影響しないことなど、幅広いメリットがあります。た

だし、その代わり取引相手を見つけづらいことや取引トラブルが起こるリスクが高いことなどのデメリットもあります。

3つ目はビットコインATMで購入する方法です。ビットコインATMは、ビットコインを現金に交換したり、現金をビットコインに交換したりできるATMを指します。

しかし、まだまだ普及が進んでいるとはいえず、導入されていない地域も多いです。

 

ビットコインの価格チャートを見よう

ビットコインの価格は常に変動しており、その動きは価格チャートによって表されています。

チャートの横軸は時間を、縦軸は価格を意味し、過去から現在までのビットコインの価格がわかるようになっています。

将来の価格は確実にはわかりませんが、株式やFXのように過去の値動きからどのようにビットコインの価格が変動していくか予測を立てることもできます。

ビットコインのチャートが読めるようになれば同じ要領で他の仮想通貨や株式、FXなどのチャートも読めるようになります。そのため、チャートを読めるようにしておくことは投資では重要なことなのです。

基本的な用語ですが、まずはチャートの「ローソク足」を覚えてください。

ローソク足はビットコインの相場の始値・終値、安値・高値を図にしたものです。見た目がローソクの形に似ているため、この名がついています。

始値はその日の最初の取引価格、終値はその日の最後の取引価格、安値はその日で最も安い取引価格、高値はその日で最も高い取引価格を意味しています。

始値より終値の方が高いローソク足は陽線といい、この場合、相場が上昇していることがわかります。

逆に始値より終値の方が低いローソク足は陰線といい、この場合、相場が下降していることがわかります。

それから「移動平均線」も覚えておきたい用語です。これはある期間の終値の平均を線グラフにしたものです。

移動平均線が上向きになっていれば相場は上昇しており、逆に下向きになっていれば相場は下降していることになります。

今からビットコインを買うには?

今からビットコインを買うには、取引所で買うのが一番簡単です。

※こちらの記事で解説しています。

ビットコインで投資!ビットコインを扱っている3大取引所を徹底比較

もしも、どこでよく買うかわからないのであれば、bitflyerで買えば間違いないともいえます。

よく勘違いされるところではあるのですが、1ビットコイン150万円といっても、100円から購入できますので、まずはお試しで買ってみるのもオススメです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

-仮想通貨の種類・銘柄
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.