山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ウォレット・ツール

coincheckは安全じゃない?ウォレットの仕組み、使い方をわかりやすく解説

投稿日:

銀行口座のような役割を持ったウォレット

仮想通貨で資産運用・ショッピングをするためには、コインを保管するための財布が必要です。この財布のことを仮想通貨の世界では「ウォレット」と呼びます。

私たちが普段使っているお金は、そのほとんどを銀行口座に預けているはずです。この銀行口座に近い役割を担っているのがウォレットと思えばいいでしょう。

使い方は多様でコインをただ単に保管するだけでなく、相手を指定すれば送金することも可能です。

そのほかにもウォレットには番号が割り振られているので、この番号を相手に通知して、例えば報酬や給料の支払いをデジタル通貨で受け取る使い方もあります。

 

ウォレットは自分の資産を預ける重要なツールです。そこで作成するにあたって、セキュリティについての知識を持たないといけません。

デジタル通貨の世界ではハッキングなどの犯罪もしばしば見られます。もしセキュリティの意識が低いと、大事なコインをほかの誰かに盗まれる危険性もあります。

また、リスクのことを考えて、いきなり高額からではなく、お試し感覚で少額からそして徐々に慣れてきたら、預ける金額を増やしていきましょう。

複数のウォレットを所有して、必要に応じて使い分けを行う使い方もあります。

通常5種類用意されている

仮想通貨を使って取引をする場合、専用の財布を持つ必要があります。その中でも通常5種類のタイプがありますので、自分にとってどれがいいか比較して決めましょう。仕組みや使い方も若干異なりますので、それぞれの特徴について紹介します。

クライアントウォレット

クライアントウォレットとは、ダウンロードしてパソコン上で使用するのが特徴です。しかしこの方法は、あまりお勧めできません。

というのもセキュリティ度合いに対しデータ容量が多いため、ダウンロードするにあたってかなりの時間を要するからです。一回ダウンロードすると、2回目以降はそれほど時間もかかりません。

また、この種類を使用する場合、ウィルス対策を万全に行う必要があります。

もしウィルス対策が不十分なら、ログインに関する情報を盗まれてしまい、デジタル通貨をほかの誰かに悪用されてしまう恐れもあります。

オンライン上のウォレット

オンラインという通り、ネットにつながった状態であることが特徴です。Bitflyerやcoincheck,Zaifなどがこれにあたります。

ネットにつながった仕組みである以上、セキュリティ対策は万全を期す必要があります。

銀行口座の場合、資産の管理は銀行が担当しています。もし自分の資産が盗まれたら、銀行が補償してくれるでしょう。

しかしデジタル通貨の場合、自分で自分のウォレットを守る仕組みになっています。ですからウィルス対策や最新のバージョンにパソコンを更新しておくことは絶対です。

また2段階認証や秘密のパスワードを設定して、ログインが難しい状態にしておくことが必要です。もし通貨を盗まれたとしても、それはあくまでも自己管理になることはしっかり頭に入れておくべきです。

オンライン上のウォレットの場合、しばしば問題になるのがパソコンに自動記憶させ、そのままログインできるようにする事です。

しかし、もしパソコンが故障して買い替えた場合、パスワードをすっかり忘れてしまって、自分のコインを取り出せなくなる事態もしばしば見られます。

ですからIDやパスワードの管理はしっかり行うことも忘れないようにしましょう。

取引所にもウォレットはある

仮想通貨の取引をする場合、取引所の利用が一般的です。この取引所内にウォレットを設置することも可能です。

取引所で日本円を使って仮想通貨を購入したと仮定します。すると総資産を見たら、購入したデジタル通貨の数量が表示されるはずです。

これが取引所のウォレットに預けている状態になります。もちろんここからほかの取引所に送金するとか、自分がすでに持っているウォレットに移し替えることもできます。

ウォレット目的の取引所ならどこがオススメ?

投資というより、ウォレット目的の取引所を探しているのであれば、bitflyerがオススメです。

項目 Bitflyer coincheck Zaif
SSL通信
2段階認証
アカウントロック
マルチシグネチャ ×
コールドウォレット
2段階認証
顧客資産分別管理
資本金 41億238万円 9,200万円  8億3,013万円
金融庁認可 金融庁認可済み 2017年12月現在、金融庁認可が遅れている 金融庁認可済み

理由としては他の取引所に比べ、セキュリティ対策がしっかりしているというのと、資本金が41億238万円もあるため、会社の破綻などのリスクが少ないという理由になります。
(同じ有名なcoincheckの資本金が9,200万円ですので、差がわかると思います。)

セキュリティだけでみるとbitbankやZaifも同等のセキュリティになりますが、やはり運営会社が安定しているというのも安心できる要素です。

coincheckは金融庁認可がまだされておらず、マルチシグネチャという複数署名のシステムが導入されておらず、資本金も1億円を超えていません。

あまり取引をせずに、長期的に現物の価格を見守っている人はbitflyerに移してしまうのもオススメです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットのイメージとしては、パソコンの中のデータをUSBメモリでも保存するのに似ている方式です。

ケーブルなどを使ってUSBとパソコンをつなげます。そしてパソコンに記録されているデータをUSBに転送する仕組みのことです。

この場合、パソコンとUSBメモリをつなげる必要がありますが、転送作業をする中でネットにつなげなくても構いません。だいたい仮想通貨にまつわる犯罪・トラブルはネットに接続されているオンライン状態で起こります。

ハードウェアウォレットのようなオフラインであれば、ネット犯罪に巻き込まれる心配がありません。このため、セキュリティ面で考えればおすすめの手法といえます。

しかしこの場合に注意しなければならないのは、仮想通貨を保管しているハードウェアそのものが故障してしまった場合です。

この時、しっかりと復旧手段を設定していないとコインを取り出すことができなくなる恐れがあります。(しっかりと設定してあれば問題ありません。)

よってハードウェアの管理・保管については細心の注意を払う必要があります。

ちなみに、ハードウェアウォレットで一番オススメなのはLedger Nano S (レジャー・ナノS)という商品です。

Zaifの公式でも販売されており、Twitter等でも使いやすいと評判です。

 

コールドウォレット

コールドウォレットもオフラインの環境の中で保管するスタイルになります。

紙やカードが一般的なので、ペーパーウォレットという名称で紹介されることもあります。印刷された紙もしくはカードで保管する形になります。

ネットにつながっていないので、ハッカーの攻撃に遭うリスクはほとんどない
といっていいでしょう。しかもハードウェアのように紙やカードの場合、破損・故障する心配もほとんどありません。このため、管理という部分でみると最もおすすめの方法の一つです。

扱いという面で比較するとオンラインのツールと比較すると若干劣りますが、まとまった額の仮想通貨を保管するときにはこの方法が最も安全であることは間違いありません。

 

口座番号を設定する必要がある

基本的にはハードウェアウォレットを使用するためには、番号を取得する必要があります。

銀行口座で言うところの口座番号で、コインのやり取りをするときに必要なものです。この番号ですが、自分で好きなように設定することが可能です。

このように言われると「他人と重複することはないのか?」と不安に感じる人もいるかもしれません。

しかしこのアドレスは、27~34桁で構成する必要があり、加えて銀行の口座番号のように数字だけでなく、アルファベットも使用しますからその組み合わせは無数です。

他人と重複することはまずないでしょうし、1人でいくらでもアドレスを作っても問題ない仕組みになっています。

 

まとめ

仮想通貨バブルとも呼ばれる2017年ですが、注目されるにつれ、自分の仮想通貨の安全も自分で責任を負わなければいけない時代になってきました。

結論としておすすめなのは、取引所に預けるのであればbitflyer、自分で責任を持って管理するのであればハードウェアウォレットで管理するのがオススメです。

マウントゴックス事件のように取引所の信頼も意識し、投資以外の管理でもリスクヘッジをして身を守れるようにしておきましょう。

日本最大手仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一bitflyer(ビットフライヤー)は初心者から投資家まで、万人におすすめできる取引所です。
ビットコイン以外にもイーサリアムやモナコインなど5種類の仮想通貨の取引も可能です。

また、セキュリティ対策にも力を入れており、ビットコインのリスクを保証する損害保険などもついています。
また、ビットコインのレバレッジ取引なども可能なので、投資を目的にしている方にもオススメです

-仮想通貨ウォレット・ツール
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.