山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨の種類・銘柄

ビットコインって分裂してるの?今更ビットコインキャッシュ(BCC)について解説します。

投稿日:

ビットコインが分裂したきっかけ

ビットコインキャッシュの誕生

2017年8月1日、ビットコインが分裂してビットコインキャッシュが誕生しました。ビットコインが分裂したきっかけは、ビットコインの普及に従って、取引の承認スピードが遅くなったこと、手数料が増加したことなどの問題を解消するためです。

仮想通貨取引所の多くがビットコインキャッシュを正式に認めたため、現在も幅広く扱われています。日本でも11の仮想通貨取引所で取り扱いがある仮想通貨です。

ビットコインから分裂したといっても、ビットコインキャッシュはビットコインとは別物なので、ビットコインに適用されるルールとは異なるルールで独立して存在しています。

つまり、ビットコインとビットコインキャッシュには互換性がないということです。その点は、以前分裂があったイーサリアムとイーサリアムクラシックと同様です。

分裂のきっかけ

ビットコインは2016年から2017年にかけて取引数が急増しました。そのため、未処理のトランザクションが増え、取引にかかる時間が長くなってしまいました。

手数料を多く支払えば早く送金することはできますが、そうなると、法定通貨に対してビットコインが持っていたメリットが失われることになります。

この事態を解消するために何とかしなければとなったのが、ビットコインからビットコインキャッシュが分裂したきっかけです。

 

分裂の経緯

データ容量の縮小

具体的には二つの方法が提案されました。一つ目は「segwit」という取引データの容量を縮小する方法です。

分裂の必要がなくリスクが小さいため、広い支持を集めました。

しかし、取引データの容量を小さくするといっても限界があるので、短期的には現状の問題に対応することが可能でも、長期的には限界が来ることが明らかだという弱点があります。

ブロックサイズの拡大

もう一つの方法は、取引データを入れるブロックのサイズを大きくしようというものです。データを収容する容器そのものを大きくするというとイメージがわかりやすいでしょう。

1MBがビットコインのブロックサイズと決まっていましたが、それを拡大することで収容する取引データ量が大きくなるわけです。

ただし、それには分裂が伴います。仮想通貨の分裂には大きなリスクが伴いますが、ブロックのサイズには限界がないため、今後需要がいくら拡大しても対応可能です。

中国を中心とするマイナー(採掘者)がこの方法を支持しました。

結果的に分裂した理由

結果的にビットコインは分裂してビットコインキャッシュが生まれたわけですが、それが支持されたのには上に挙げた以外にも理由があります。

segwitという方法を取ると、マイナーにとって自分たちの持つ利権が失われる可能性があったためです。

ビットコインのマイニングを有利にするために、Asicというツールが用いられてきましたが、segwitを導入するとこのツールが使えなくなってしまいます。

となると、マイナーにとっては収益が下がってしまうことになるのです。その危惧が大きかったことも分裂のきっかけの一つです。最終的には、この二つの方法を巡る対立を収めるために、2017年5月、関係者たちでニューヨークにて会議が開かれました。

結果として「segwit2x」という方法を採ることで合意に至ったのですが、中国のマイナー「ViaBTC」が主導してビットコインの分裂も強硬に進められたのでした。それがビットコインキャッシュ誕生のきっかけです。

このバックにはBITMAIN社というAsicを開発した企業も付いていました。なお、segwit2xとは、segwitで取引データ容量を縮小してからブロックのサイズも大きくするという、二つの方法を組み合わせた案です。

 

ビットコインキャッシュの現状とこれから

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂して生まれた仮想通貨ですので、仮想通貨としての特徴には大きな違いはありません。

ただ、ビットコインが1MBというブロック容量だったのが、ビットコインキャッシュでは8Mにまで拡大されているところが最大の特徴です。

ブロック容量が大きくなると、ビットコインが直面するいくつかの問題、たとえば、送金に時間がかかることや送金エラーが発生するリスクの上昇などを解消することができます。

なお、取引データの容量を縮小するsegwitはビットコインキャッシュには導入されていないようです。

高騰するビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂した直後こそ最大で10万円の値を付けましたが、その後はしばらく3万円台を推移していました。

ところが、2017年10月から価格を上昇させていき、11月には最大23万円にまで高騰しています。ここまで高騰したのには理由があります。

まず、ビットコインの開発者グループが、2018年5月までにビットコインキャッシュこそが正式なビットコインになると正式にアナウンスしたことです。

また、11月16日予定されていた上記のsegwit2xが結局中止になったことで、分裂に際して無料で配布される分岐のコインを目当てにビットコインに流入していた資金が、ビットコインキャッシュに流れたことも大きな理由でしょう。

ビットコインキャッシュの今後

分裂が起こるのは仮想通貨ならではの特徴で、通常の通貨を考えるとなかなかイメージできないことですが、これも中央で管理する組織が存在しない仮想通貨だからこその出来事です。

分裂は悪いことではなく、通貨を発展させるための一つの方法ですので、法定通貨より健全だとも言えるでしょう。

まだ、ビットコインキャッシュはビットコインのように決済に利用できるまでには至っていませんが、徐々に保有する人が増えていき、国内でも取り扱う取引所が増えていることを考えると、これからは世界的に大きく伸びていく仮想通貨になると言えそうです。

-仮想通貨の種類・銘柄
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.