山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨の種類・銘柄

2ch発仮想通貨!?実用性も兼ね備えたモナーコイン(MONACOIN)とは?

投稿日:

モナコインの概要

モナコイン(MONACOIN)とは2ちゃんねる発祥の日本で初めての仮想通貨です。ビットコインの弟分とも言えるライトコインから分裂したものなので、モナコインの基盤もライトコインだと思ってかまいません。

なお、利用者プログラムにはオープンソースが用いられ、「Monacoinproject」という団体によって公開されているものの、この団体ではモナコインの発行や運営は行っていないので、ビットコインと同様に管理者は存在しない仮想通貨です。そのため、利用者の作るネットワークによって維持されています。

ちなみにモナコインの名前の由来は、2ちゃんねる発の人気キャラクター「モナー」です。当初の時価総額は仮想通貨全体のなかでも100位以下という低いポジションでしたが、徐々に順位を上げて行き、2017年11月には第41位の時価総額183億円にまで達しています。今後はさらに価格が上昇するとも予想されています。

 

モナコインの特徴

取引スピードの早さ

モナコインはブロック生成時間が短いことが特徴で、そのため、取引にかかるスピードも早くなっています。ビットコインは取引に10分かかりますが、その遅さを解消してより実用性を持たせるために作られたのがライトコインです。モナコインはそのライトコインをもとに生まれた仮想通貨のため、取引スピードはライトコインよりさらに早くなっています。

ただ、取引時間が短いからといってモナコインがビットコインより上とは一概には言えず、ブロック生成時間が短いということはそれだけセキュリティが弱いということです。

取引スピードが早ければ早いほど良いとは限らないことには注意してください。

 

モナコインの実用性

仮想通貨が普及してしばらく経ちますが、現在の使用目的はほぼ投機です。ビットコインは決済手段、リップルは国際送金の円滑化、イーサリアムはスマートコントラクトを活用するプロジェクトというのが本来の目的ですが、実際はまだ歴史が浅いこともあって価格変動を利用した投機の手段としてしか使用されていないと言えるでしょう。

ビットコインを決済手段として採用する店は増えていますが、まだまだ普及したとまでは言えません。それらと比べると、モナコインは決済手段として利用可能なプラットフォームが多く存在しています。たとえば「Ask Mona」というサイトでは、ユーザーが疑問を投稿し、それに回答してくれた人への謝礼としてモナコインを送るという使い方がされています。チップとしてユーザー同士がモナコインをやり取りしているということです。

ほかにも、モナコインでコンテンツを利用するMonappyというサイトや、tipmonaというツイッターでモナコインを使用するためのサービスが存在するなど、投機手段としてではなく決済手段としてモナコインを使用するための場が多数設けられているのです。

こうして見ると、モナコインは仮想通貨の本来の姿を体現しているとも言えるでしょう。

 

根強いファンに支えられているモナコイン

モナコインは2ちゃんねるから生まれたことは冒頭にも記しましたが、それゆえ名前の由来の「モナー」と同様、2ちゃんねるのユーザーから愛されています。モナコインを盛り上げようというコミュニティも存在するほどです。ここがほかの仮想通貨との大きな違いです。

例えばビットコインのコミュニティも存在しますが、その目的は投機であり、金儲けとは関係なく単にビットコインが好きだから普及させたいというのとは違います。

一方、モナコインは熱心なユーザーが普及させようと盛り上げており、実際、決済手段として利用可能なプラットフォームが増えています。

単に好きだから広めたいという熱心なユーザーが多く存在する以上、今後もモナコインが消滅してしまうことはないでしょう。

 

モナコインの取引所

モナコインを購入できる取引所はいくつかありますが、国内ではzaif、bitbank.cc、ビットフライヤーの3社がおすすめです。いずれも金融庁に仮想通貨交換業者として認められている取引所ですので安心して利用できます。

このなかでおすすめの取引所はzaifです。zaifをおすすめする最大の理由は、ほかの取引所よりモナコインを割安で購入できるところです。

なぜほかより安く購入できるかというと、取引所での購入が可能だからです。ビットフライヤーの場合、モナコインを購入するには販売所で購入するしかありません。

したがって、少しでも安くモナコインを手に入れたいなら、zaifから購入するのがよいでしょう。ただし、zaifに登録してから取引が可能になるまで時間がかかります。

気になる方は前もって登録だけでもしておくとよいでしょう。

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

 

モナコインの今後

日本初の仮想通貨としてモナコインは多くの人に愛されており、実際に決済手段としても普及しつつあります。

ビットコインよりもその辺の盛り上がりは上ですが、だからといって今後、モナコインがビットコインに取って代わるまでの存在になるかと言われると、そこまでは難しいでしょう。

仮想通貨としての技術はビットコインやイーサリアムの方が上だからです。そもそもライトコインがビットコインから分裂した仮想通貨であり、そのライトコインはビットコインを補填するための存在として生まれたわけですから、ライトコインの派生であるモナコインとビットコインでは技術的な前提が違いすぎます。

しかし、ビットフライヤーがモナコインを取り扱い始めたことによって、その価格が一気に上昇したように、短期的、もしくは中期的な価格上昇は今後、十分起こり得ると考えられます。

その点を考えると、モナコインの投機的な将来性は明るいと見てよいでしょう。

-仮想通貨の種類・銘柄
-, , ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.