仮想通貨取引所

BINANCEがついに日本進出に向かう サクラエクスチェンジを子会社に

投稿日:

BINANCEは30日のプレスリリースで日本進出を表明しました。
日本の金融庁による規制に従ったうえで、参入を進めるとのことです。
また今回の日本進出にあたり、サクラエクスチェンジの子会社化も明らかになっています。

世界的な仮想通貨取引所であるBINANCEの日本進出がうまくいけば、国内ユーザーの多数を喜ばせるでしょう。
今回のBINANCEの動向について、以下で詳細をまとめます。

 

要点

・BINANCEが本格的な日本進出へ
BINANCEはサクラエクスチェンジを子会社化し、日本進出に向かう方針です。

 

BINANCEがついに日本進出へ

30日にBINANCEは、日本進出を表明しました。
この時点で金融庁認定の仮想通貨交換業者には加わっていません。
しかしBINANCEは、日本の金融庁の規制に従う方針を明かしています。

BINANCEが日本進出を果たせば、国内の仮想通貨ユーザーを喜ばせるでしょう。
同社は世界的な取引所を展開しています。
日本国内のユーザーの使用例も見られるほどです。

以上からBINANCEは、日本への本格進出へ乗り出したのでしょう。
BINANCEの日本進出について、Twitterでは以下の口コミがありました。

 

 

 

すでにグローバル版は日本在住者の新規登録を停止

BINANCEの日本進出を受けて、グローバル版では11月30日17時より、日本在住者の新規登録停止を明かしています。
これからは日本版BINANCEを作り、国内のユーザーはそこへ集めるのでしょう。

BINANCEは1000を超える通貨ペアを取扱中です。
ただし日本では、取り扱える通貨が限られています。
BINANCEも日本版だと、運営開始当初は購入可能通貨が絞られるでしょう

それでも世界的取引所に日本語表示で触れられるのは、多くのユーザーにとって朗報といえます。
 

サクラエクスチェンジを子会社化

BINANCEは30日に、株式会社サクラエクスチェンジビットコインの子会社化も明らかになりました。
サクラエクスチェンジは同日の株主総会で、新しい経営体制を明かしています。
発行済みの全株式を、BINANCE (AP) Holdings Limitedに譲渡しました。

サクラエクスチェンジは、今後BINANCEグループとして活動します。
BINANCEが日本の金融庁の規制のなかで運営を進めるには、国内取引所のサポートが欠かせないのでしょう。
BINANCEは国内の仮想通貨取引所を取り込むことで、日本での運営をスムーズに進めたいようです。
 

これまでのBINANCEと日本の関係性

BINANCEは、以前も日本在住者向けのサービスをしていました。
しかし2018年と2021年の二度にわたり、金融庁から警告を受けています。
国内での正式な仮想通貨交換業者として登録していなかったからです。
その状態での日本在住者へのサービスが、国内での仮想通貨規制に反します。

2022年11月30日現在、グローバル版BINANCEは日本語に対応していません
一時期は対応していましたが、公式サイトの言語リストからは日本語が消えています。
これは日本進出を本格化させる前触れでしょう。

今度こそBINANCEは、日本で成功できるのでしょうか。
 

まとめ

BINANCEの日本進出が本格化しそうです。
国内取引所であるサクラエクスチェンジを子会社として取り込み、サポートを受ける見通しもあります。
BINANCEは日本の金融庁の規制に従う意向を見せており、ついに国内へのサービスを本格化させるようです。

BINANCEの日本進出は、国内の仮想通貨業界で大きなニュースになるでしょう。
国内のユーザーにとっても、さまざまなメリットを期待できます。
以上から、今後のBINANCEの動向から目が離せません。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨取引所
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2023 All Rights Reserved.