山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨取引所

仮想通貨の取引所ってなに?取引所の仕組み、使い方を伝授!

投稿日:

ビットコインを一躍有名にしたマウントゴックス事件

仮想通貨と言われると、「本当に大丈夫なの?」というネガティブな印象を持つ人も一般には多いでしょう。

仮想通貨の中でも代表格のビットコインと言われて、「あれ、破綻したよね?」という人も少なくありません。これはマウントゴックス事件が尾を引いているのでしょう。

2014年に発生した事件で、トラブルによってビットコイン65万枚と28億円が消失した事件です。ニュースでもしばしば報じられていたので知っている方も多いでしょう。

結果的にマウントゴックスはこれ以上の取引ができなくなりました。

報道の際にビットコインという名前もしばしば使われたので、マウントゴックス=ビットコインというイメージが世間一般についてしまったかもしれません。

このため、ビットコインも危ないのではないかと誤った使い方で認識している人も出てくるわけです。

しかし、マウントゴックスはあくまでも仮想通貨を融通する取引所で、他にもこのような取引所が世界中にあります。

実際マウントゴックスは利用できなくなっても、他の取引所は機能していて、ビットコインの取引が可能です。

マウントゴックスという一取引所の問題であって、ビットコインそのものに何か機能的な問題があったわけではありません。

 

ちなみにくだんのマウントゴックス事件をもう少し詳しくみると、最初のうちはハッキング攻撃を受けて仮想通貨や日本円がなくなったかのように報道されました。

しかし、後々の操作によってハッキングでも確かに失われましたが、全体からすれば、ごく一部にしかすぎないことが判明しています。

先ほど紹介した大金がなくなったのは、マウントゴックスの代表の横領の疑いが強いとされています。実際その後代表者は逮捕されているほどです。

このように仮想通貨の取引所、ひいては個人的な問題が大きな事件になったにすぎないのです。

 

取引所でなぜ人々は取引するの?

通常ビットコインなどの仮想通貨は、OTC取引をベースの仕組みにしています。

OTC取引とは、売り手と買い手が直接取引する仕組みです。それなのに大半の仮想通貨を購入するにあたって、取引所を利用します。

なぜ取引所を利用しなければならないか、それは取引相手を確実に見つけられる仕組みだからです。

持っている仮想通貨を売りたい、運用したいからデジタル通貨を購入したいといって、取引相手をどのように見つけますか?知り合いにビットコインなどを取り扱っている人がいればいいですが、それ以外は売り手・買い手がどこにいるのか分からないのでは、自力で取引をするのは難しいでしょう。

見つかったとしても探すのにかなりの労力を使ってしまって、効率的とは言えません。デジタル通貨の場合、まだ大きな値動きをすることも少なからずあります。

自分で取引相手を見つけるとなると損切りや利益確定が上手くできないかもしれません。

そこで手っ取り早く相手を見つけるために、世界中に取引所ができているのです。

取引所を設置すれば、仮想通貨を売りたい・買いたい人が集まってきます。取引もしやすくなるのでおすすめというわけです。

オークション形式によって取引所は運営されている

取引所での仮想通貨の売買は、オークション方式をとっているところが大半です。

つまり売り手と買い手にそれぞれ希望する価格を提示してもらいます。そして最も高く購入したい人と最も安く売りたい人の価格が合致した場合に、取引成立する仕組みをとっています。

例えばビットコインを2万円で購入するというオーダーと2万1000円で購入するオーダーがあったと仮定します。

このまま両方とも譲らなければ、取引はいつまでたっても成立しません。そこで例えば買い手が「じゃあ2万1000円でいいから購入します」、逆に売り手が「2万円に値引きして売ってもいいです」といった情報が行われます。

このようにお互いの条件で妥協する話し合いが取引所で行われ、話がまとまれば売買という話になります。

この部分は市場原理が働きます。つまり買い手の需要が高ければ、売却価格は吊り上がり、売り手過剰な場合には安く買いたたかれる傾向が見られます。

 

使い方は登録するところから

取引所を利用して仮想通貨の取引をするためには、まず特定のところに口座開設する必要があります。

ここでは取引所として有名でおすすめなものの一つであるZaifを使い方をもとにして紹介します。

まずは公式サイトからメールアドレスを登録します。この時ログインするためのパスワードを設定するのですが、複雑なものを用意したほうがいいでしょう。

簡単なパスワードだとハッカーに見破られ、不正に仮想通貨をとられる恐れもあるからです。取引所は他にもおすすめのところがいくつかあります。

運用している人の中には、複数の取引所を使い分けている人もいます。その場合、取引所ごとに異なるパスワードにしているという人も少なくありません。

管理などが面倒になりますが、自分のお金を確実に守るためには致し方ないといえます。

続いて個人情報を入力・登録します。画面に必要な項目が出てきますので、その案内に倣って手続きを進めましょう。

ザイフの場合、本人確認書類の提出が求められます。本人確認書類は基本的に公的機関の発行する、写真付きのものどれか1つを用意します。

具体的には運転免許証・マイナンバーカード・パスポートのいずれかを準備すれば問題ありません。これらの書類を準備して、写メなどで撮影します。

この画像をアップロードすると本人確認書類の提出手続きは完了します。

 

パソコンを使った入出金の場合、セキュリティのより強固な取引所の方がやはりおすすめですし、安心して運用できるでしょう。

ここで紹介したザイフの場合、二段階認証設定を採用しています。ログイン時や出勤時に最初に設定したパスワードを入力して本人確認をします。

プラスその人しか知らないセキュリティコードを入力して初めて手続きが完了します。このように複数のチェック機能が働くことで、不正アクセスをより確実に防止できます。

取引所を選ぶ際には、セキュリティ対策がどの程度しっかりしているかも比較検討対象の中に含めるべきです。登録が完了すれば、あとは入金して自分で取引する使い方です。

 

はじめて仮想通貨を買う方にオススメの3つの取引所

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨の購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

他の取引所よりスプレッドが狭くてオトクなGMOコイン

GMOコインは他の取引所に比べて取り扱い通貨は少ないですが、オトクに買える取引所です。
理由としては取引手数料が無料で、他の取引所の弱点であるスプレッド(売りと買いの価格差)が狭いという特徴があるためです。

他の取引所に比べて5%以上得することも珍しくないので、短期取引・長期保有問わず選択肢になる取引所です。
また、スマートフォンのアプリが充実しており、スマートフォンで細かく取引を行う方にもオススメできる取引所となります。

-仮想通貨取引所
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.