仮想通貨取引所

仮想通貨がなくてもNFT取引可能な「SBI Web3ウォレット」開発 2023年1月リリースへ

投稿日:

SBINFT株式会社は26日のプレスリリースで、「SBI Web3ウォレット」開発を公表しました。
仮想通貨取引所であるSBI VCトレードが、共同開発に携わっています。
リリース予定は2023年1月です。

今回のウォレットは、仮想通貨を持たずにNFT取引を進められるなど、さまざまな特徴があります。
SBI Web3ウォレットについて、これまでわかっていることをまとめました。

 

要点

・SBI Web3ウォレット開発について
仮想通貨なしでもNFT売買ができるウォレットが開発中で、2023年1月のリリースを予定しています。

 

SBI Web3ウォレットとは?

SBI Web3ウォレットは、仮想通貨なしでもNFTが買えるウォレットです。
日本円でNFT売買ができるしくみが備わっています。
以上からNFTへの参入障壁を低くできる可能性に期待です。

NFTだけでなく仮想通貨の売買にも使えるのが、今回のウォレットの特徴です。
つまりユーザーは、仮想通貨とNFTをひとつのウォレットで管理できます。
デジタル資産の種類ごとに、ウォレットを切り替えるのは面倒でしょう。
そのような負担の解決のため、SBI Web3ウォレットには期待がかかります。

SBI Web3ウォレットは、以下の3社による共同開発です。

・SBI VCトレード
・SBINFT株式会社
・Ginco

とくにSBI VCトレードは仮想通貨取引を手がけており、NFTでもそのノウハウの発揮が期待できます。

SBI Web3ウォレットは、NFTをマーケティング活用する企業がメインターゲットです。
日本円でもNFT取引ができれば、仮想通貨準備の手間を省けます。
NFTをビジネスに活かしやすくなるでしょう。

このようにSBI Web3ウォレットは、NFTの常識を変えるシステムとして期待できます。
今回開発中のウォレットについて、Twitterからは以下の口コミが挙がりました。

 

 

 

SBI Web3ウォレットの主要機能

SBI Web3ウォレットには、さまざまな機能があります。

・SBI VCトレードによるウォレット作成・管理
・仮想通貨と日本円による自動円転機能
・dAppsへの対応

それぞれのポイントを見ていきましょう。

最初の特徴は、VCトレードにウォレットのマネジメントをまかせられることです。
取引所側がウォレットを作り、安全に管理できます。
NFT関連の取引は仮想通貨同様、特定ブロックチェーンへの記録を受ける形です。
以上からユーザーは負担の少ない状態で、SBI Web3ウォレットの入手や管理が可能です。

次は自動円転機能です。
日本円と仮想通貨の間で、自動的な交換が可能です。
ユーザーが特別な操作をしなくても、日本円が仮想通貨に代わったり、その逆が起きたりします。

NFTの収益自体は、日本円で管理可能です。
以上からビジネスでの活用にもつながるでしょう。

最後はdAppsへの対応です。
これはブロックチェーン対応のアプリケーションを意味します。
SBI Web3ウォレットでは、将来的にNFTマーケットプレイスやブロックチェーンゲームへの対応も予定中です。

プレスリリースの時点でSBI Web3ウォレットは、SBINFT Marketにしかアクセスできません。
しかし将来的な機能拡張に期待です。
 

まとめ

SBI VCトレードは、NFT市場で柔軟に活用できるウォレットを開発中です。
名称は「SBI Web3ウォレット」で、日本円でNFT取引できるなどのメリットがあります。
リリースを受ければ、NFTに興味のある人々が活用するでしょう。

このように日本国内でも、NFT関連システムの開発が進んでいます。
SBI VCトレードの尽力により、国内NFT市場の活性化に期待です。
まずは2023年1月に予定している、SBI Web3ウォレットのリリースを待ちましょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨取引所
-, ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.