仮想通貨ニュース

米議員「仮想通貨規制は失敗だった」 / 米SEC、証券法違反でFTXの前CEOを起訴

更新日:

 

米議員「仮想通貨規制は失敗だった」

要点

・米連邦下院のトム・エマー議員はSECの仮想通貨規制には欠陥があったと指摘

・結果としてFTXの破綻を見逃すことになったやり方に大きな異議が突きつけられた

米連邦下院のトム・エマー議員は10日、
米証券取引委員会(SEC)の
ゲリー・ゲンスラー委員長の
仮想通貨に対する規制アプローチには欠陥があったと批判しました。

 

「規制失敗のコスト」を説明するため、議会での証言を求めています。

エマー議員は一連のツイートで、
3月に超党派のブロックチェーン・コーカスが
ゲンスラー委員長宛に送った書簡に言及。
仮想通貨企業に対するSECの情報提供の要求は
「場当たり的で焦点が定まっていない」との批判があることから、
情報収集方法について
13項目にわたる具体的な質問を記したものでした。

しかし、ゲンスラー委員長は
書簡で要求された情報の議会への提出を
拒否したとエマー議員に指摘されています。

もし質問への回答が得られていたら、

「ゲンスラー氏がテラ/ルナ、セルシウス、
Voyager、FTXを見過ごす原因となった、
明らかに矛盾したアプローチを
議会に示すことができただろう」

と主張しました。

エマー議員は、
ゲンスラー委員長による仮想通貨情報収集活動は
「効果的でなかった」と総括。
また、同氏が議会証言を度々回避しているため、
FTXを含むSECの捜査活動については、
メディアを通して知ることになったと批判しました。

同議員は以前にも
SECの議会に対する情報公開の姿勢を非難しています。

英国に拠点を置くマネーロンダリング対策サービス会社
「AML Bot」のスラバ・デムチュクCEOは、
ゲンスラー氏率いるSECは、
仮想通貨企業に
明確なガイダンスを提供していないと
次のように述べました。

「SECはすべての間違ったものに
焦点を当てているように見える。
その結果、仮想通貨業界は
FTXのようなケースから損害を被っている。
また、規制とイノベーションのバランスを見つけることは簡単だが、
早急に規制を導入することが重要であると私は認める。
そうしなければ、
投資家やユーザーは業界に対する信頼を失うことになる。」

 

■ネットの反応

FTXの破綻騒動はしばらく大きな議論を界隈に呼びそうです。

 

米SEC、証券法違反でFTXの前CEOを起訴

要点

・米証券取引委員会はFTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏を起訴

・起訴内容はFTXの投資家への詐欺と顧客資産流用の容疑

米証券取引委員会(SEC)は13日、
仮想通貨取引所FTXの前CEO
サム・バンクマン=フリード(SBF)氏を
起訴したことを発表しました。

SBF容疑者は同社の破綻に関連し、
米商品先物取引委員会(CFTC)など
複数の組織から起訴されるとみられています。

SECが起訴の理由として挙げたのは、
FTXの投資家への詐欺と顧客資産流用の容疑。
SECは「FTXは少なくとも2019年5月以降、
株式投資家から2,430億円(18億ドル)超を資金調達した」
と説明。
そのうちのおよそ1,490億円(11億ドル)は
米国を拠点にする約90の投資家が投資した分だと指摘しています。

この資金調達の際、SBF容疑者は
「FTXは安全で信頼できる仮想通貨取引プラットフォームだ」と紹介。
そして「特に、顧客資産を守るために
高度な自動リスク管理システムを導入している」と宣伝し、
投資を呼びかけていたとのことです。

SECは、これが投資家への詐欺行為にあたると主張。
具体的に、以下の3つの内容を投資家に隠していたと指摘しています。

・FTXの顧客資産を、姉妹企業の投資会社アラメダリサーチで流用していた
・FTXのプラットフォームでアラメダリサーチを特別待遇していた
・アラメダリサーチがFTTトークンのような、過大評価されている非流動資産を保有していることからFTXにはリスクがあった

2つ目の特別待遇については、
SECは以下の2つの具体例を記載。
リスク抑制策には、ロスカットのルールが含まれているとみられています。

・FTXの顧客資産を利用し、アラメダリサーチに事実上無制限の融資枠を提供していた
・FTXの重要なリスク抑制策が、アラメダリサーチには適用されないようにしていた

 

 

今回の記事のまとめ

■『米議員「仮想通貨規制は失敗だった」』について

・米連邦下院のトム・エマー議員はSECの仮想通貨規制には欠陥があったと指摘

・結果としてFTXの破綻を見逃すことになったやり方に大きな異議が突きつけられた

■『米SEC、証券法違反でFTXの前CEOを起訴 』について

・米証券取引委員会はFTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏を起訴

・起訴内容はFTXの投資家への詐欺と顧客資産流用の容疑

 

ビットコインは240万円台。
ゆるやかではありますがプラスのトレンドに入りかけているようです。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2023 All Rights Reserved.