仮想通貨ニュース

バンダイナムコグループ、メタバース開発を発表!今後3年間で予算150億円 / 米Valkyrie社、ビットコインマイニングETFがナスダック上場

投稿日:

バンダイナムコグループ、メタバース開発を発表!今後3年間で予算150億円

要点

・「ガンダム」等の巨大IPを抱えるバンダイナムコグループがメタバースへの参入を発表

・メタバース開発だけでも、今後3年間で150億円もの予算を見込むという

株式会社バンダイナムコホールディングスは2月8日、
2022年3月期第3四半期の決算を発表。
これに合わせて、
バンダイナムコグループの中期計画を公開しました。

 

メタバース開発についても言及しており、
「機動戦士ガンダム」などのIPを軸に
それぞれの仮想空間を作る
「IPメタバース」計画を発表しました。

今後3年間で150億円を投じ、
データ基盤と仮想空間を整備するとのことです。

バンダイナムコは「メタバースのコミュニティやコンテンツを通じ、
(ファンと)長期にわたって深く、広く、複雑に
つながる関係を構築する」としています。
ファンとのつながりを強固にしてIP価値の最大化を図る方針です。

 新規IP創出などを含む「IP軸戦略」の予算として
3年間で約400億円を見込んでいます。
このうち150億円を使い、
IPメタバースの開発と情報を集約するデータ基盤
「データユニバース」を構築するとしています。

 

■ネットの反応

 

バンナムと言えば、ガンダムやアイドルゲーム等多数のメガヒットIPを展開しています。

より広大なゲーム展開を期待するファン達は早くも期待を高めています。

 

米Valkyrie社、ビットコインマイニングETFがナスダック上場

要点

・米資産管理企業のValkyrie社がビットコインマイニングのETF「WGMI」を申請

・同ETFは8日にナスダックに上場予定

 

米資産管理企業のValkyrie社が申請した、
仮想通貨ビットコインのマイニングセクターを
テーマとしたETFは
米時間8日にナスダックに上場する予定です。

Valkyrie社が申請したのは
1月26日で米SECに承認されました。
「WGMI」というティッカーシンボルで
取引されることになります。
「WGMI」とは「このままいけば勝てる」という
強気な姿勢を意味する
クリプトツイッターのミーム用語です。

「WGMI」はポートフォリオの80%を、
50%以上の利益をビットコインマイニングから
もたらしている上場企業の株式で
運用する仕組みになります。

Valkyrieは現在、
ビットコイン先物ETFや
ビットコインを会社の資産として保有する企業の
パフォーマンスを追う
「Valkyrie US Innovative Balance Sheet ETF」なども提供。
一方、申請した現物ビットコインETFは
1月上旬にSECに非承認されています。

また、先日はマルチシグネチャーウォレットを介して、
ネム(XEM)及びシンボル(XYM)プロトコルにある
800億円相当のトークンを監督することが発表されました。

 

 

今回の記事のまとめ

■『バンダイナムコグループ、メタバース開発を発表!今後3年間で予算150億円』について

・「ガンダム」等の巨大IPを抱えるバンダイナムコグループがメタバースへの参入を発表

・メタバース開発だけでも、今後3年間で150億円もの予算を見込むという

■『米Valkyrie社、ビットコインマイニングETFがナスダック上場』について

・米資産管理企業のValkyrie社がビットコインマイニングのETF「WGMI」を申請

・同ETFは8日にナスダックに上場予定

 

ビットコイン価格は本日でやっと500万円台に復帰しました。

バンナムがメタバース計画を発表したことが、仮想通貨界隈の材料として

働いていたという見方もあるようです。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.