仮想通貨ニュース

バイナンス、16通貨ペアを廃止へ!ネムなど / バイナンス、資産証明システムリリースへ、まずビットコインから開始

投稿日:

 

バイナンス、16通貨ペアを廃止へ!ネムなど

要点

・仮想通貨取引所のバイナンス、ネムやセラムなど16通貨ペアを廃止へ

・なお廃止予定日は日本時間11月28日12時

仮想通貨取引所バイナンスは25日、
16の通貨ペアの提供を廃止する予定を発表しました。

 

対象となるペアは

ARK/BTC、BEAM/BTC、BTCST/BTC、BTCST/USDT、GTO/BTC、GTO/USDT、MITH/BTC、MITH/BNB、PERL/BTC、PNT/BTC、REP/BTC、SRM/BNB、SRM/BTC、SRM/USDT、TRIBE/USDT、XEM/BTC

です。

今回は銘柄自体の上場廃止ではなく、
通貨ペアに関するもので、
同銘柄の他の通貨ペアは依然として稼働します。

特筆すべきはSRMという銘柄です。
SRMはソラナ基盤「OpenSerum」のセラム(SRM)であり、
FTXの前CEO SBF氏が2020年に
立ち上げたソラナのインフラプロジェクトです。
FTXの破綻を受けて、セラムはコミュニティによって
「OpenBook」としてハードフォークされました。
今回の発表を受けてSRMは前日比-10%下落しています。

なお、廃止予定日は日本時間11月28日12時です。

 

■ネットの反応

XEM(ネム)/BTCの廃止を「一つの時代の終了」と懐かしむ投資家が多いようです。

 

バイナンス、資産証明システムリリースへ、まずビットコインから開始

要点

・仮想通貨取引所のバイナンス、ユーザーの資産証明システムをリリースする計画を発表

・まずはビットコイン、その後にイーサリアムなど順次他の銘柄も追加していく予定

仮想通貨取引所バイナンスは25日、
資産証明(PoR:Proof of Reserves)システムを
リリースする計画を新たに発表しました。

まずはビットコイン(BTC)の保有証明から始め、
その後にイーサリアム(ETH)やBNBなど
他の銘柄を追加していきます。

FTXの破綻で中央集権型取引所への
信頼が揺らぐ中、
ユーザーの全資産をカバーできるだけの
資金があることを検証可能な方法で
証明しようとする試みです。

ビットコインについては最初、
日本時間の23日8時59分時点の保有状況を確認。
今後2週間で次の確認を行い、
この間に新しい銘柄も追加するとしています。

ビットコインについては、
ユーザー資産の正味残高を上回る資金を有しており、
ビットコインに対する資金の保有割合は101%だとしました。

公式ウェブサイトでは、
ログインすることでビットコインのPoRのページを
ユーザーが閲覧できるようになっています。

今後は、PoRの結果を第三者に監査してもらうことも計画。
ユーザーのプライバシーを高めるために、
「ZK-SNARK」という暗号化技術も実装するとのことです。

 

今回の記事のまとめ

■『バイナンス、16通貨ペアを廃止へ!ネムなど』について

・仮想通貨取引所のバイナンス、ネムやセラムなど16通貨ペアを廃止へ

・なお廃止予定日は日本時間11月28日12時

■『バイナンス、資産証明システムリリースへ、まずビットコインから開始』について

・仮想通貨取引所のバイナンス、ユーザーの資産証明システムをリリースする計画を発表

・まずはビットコイン、その後にイーサリアムなど順次他の銘柄も追加していく予定

 

ビットコインは本日も230万円台と低調です。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2023 All Rights Reserved.