仮想通貨ニュース

バイナンス、仮想通貨デビットカードのベータ版をリリース!

投稿日:


世界最大の仮想通貨取引所バイナンスは、26日木曜日に仮想通貨デビットカードのベータ版「バイナンスカード」をリリースしたことを公式ブログで発表しました。

要点

・バイナンスが仮想通貨デビットカードをリリース
バイナンスが、仮想通貨を利用した独自のデビットカードを公開したが、公式の発表内容やデビットカードの特徴などを紹介していきます。

仮想通貨デビットカードのベータ版を発表

バイナンスが公表した仮想通貨デビットカードは、ビットコイン(BTC)やバイナンスコイン(BNB)を入金することで利用可能になり、この操作はウォレットからウォッレットへの送金手続きと同じぐらい簡単だそうです。

入金した仮想通貨の額が残高に反映され、支払いの度に残高から資産が自動的に差し引かれるようになります。このバイナンスカードはVisaブランドで発行されるため、世界の200地域、4,600万以上のオンライン・オフライン加盟店で支払いが受け入れられるとのこと。

これにより、プレゼントの購入や食料品、ネット料金の支払いなど様々な支払いに仮想通貨が利用できるようになる。

仮想通貨を法定通貨に交換し、支払いなどに利用していた人にとっては、煩雑な作業の手間が省ける分かなり不便さから解消されるのではないでしょうか。

まずはベータ版から、順次対応を拡大

バイナンスカードは現在ベータ版としてリリースされており、最初はオンライン上で利用できるバーチャルカードの提供から始めるようですが、物理的なカードも近日中に提供する予定です。

最初はマレーシア、次にベトナムで展開し、公式によると今後数週間以内に既存のバイナンスユーザーにもグローバルに展開するようです。

バイナンスカードを購入するには、15ドル相当のBTCかBNBを残高に反映させるだけでよく、支払いは一度だけで月々の手数料や年会費は一切かかりません。

余計な手数料が自動的に惹かれないのは魅力的ですね。

カードの使用・管理は全てアプリケーションで対応

カードの使用や管理に必要な全ては、アプリケーションのインターフェイスにまとめられており、バイナンスのウォレットからカードのウォレトに資金を移動するだけで準備は完了します。

バイナンスカードのアプリケーションは、近日公開する予定。

 

他の大手仮想通貨取引所もデビットカードを発行

アメリカの大手仮想通貨取引所コインベースも、Paysafeと提携することで、Visaデビットカードを発行しています。

コインベースカードは現在、ヨーロッパの29カ国で利用でき、Visa対応の決済端末やATMと連携することで、10種類の仮想通貨から決済できるという。

大手の仮想通貨取引所が仮想通貨のデビットカードを発行することで、今後仮想通貨を利用した決済が促進されることが予想されます。

 

この記事がオススメ

最大手ブックメーカー「Sportsbet.io」を知らないと損するかもしれません。

ブックメーカーとは、サッカーや野球・バスケ・テニス・ゴルフなどのスポーツなどの結果に対して賭けることのできるサービスで、欧米では絶大な人気を誇っています。

 

Sportsbet.ioは国内で遊ぶ上での問題点を全てクリアしており、日本語サポートも完備!

安心、健全、安全に世界で流行っている"大人の遊び"を日本でも楽しめるようになりました。

 

Sportsbet.ioの特筆すべき点は、自分が賭ける試合の「オッズを好きなタイミングで上げられる」事です。

 

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.