山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ビットコインETF承認は来年になっても価格は上昇し続ける!?ビットコイン価格上昇のその他の要因とは

投稿日:2018年7月30日 更新日:

以前、CNBCの番組に出演した米著名投資家スペンサー・ボガッド氏はビットコインETF承認は来年になるとの見解を示しました。

しかし、その他にも強気の材料はあり、ビットコインに対し強気の見方を示しています。

要点

・ビットコインETF以外の材料

現在、CBOEに上場されるビットコインETF上場期待が価格上昇要因とされています。

ボガッド氏は、価格を上昇させるその他の要因についても語りました。

ビットコインETFの承認は2019年に

 

今月、ビットコインがその溝を取り戻すにつれ、スペンサー・ボガッド氏は仮想通貨が最高に戻ると考えているようです。

ボガッド氏は、ビットコインETFが承認されるのは2019年中としながらも、その他にも強気の要因があるため、価格は上昇し続けると考えているようです。

さらに、ビットコインは今年の底をつき、すでに上昇トレンドに転換しているとの見解を示しました。

 

ビットコインは「火薬箱」・その他の上昇要因とは

ボガッド氏はビットコインを「火薬箱」と比喩しました。

上昇する材料が多く、火がつければ一気に燃え上がる(価格が上昇する)箱ということでしょう。

同氏は、ビットコイン上昇の要因に以下を挙げています。

①法定通貨の不安
②貿易摩擦

上の2点は、こないだのG20で議題の中心となったものです。

現在、トランプ大統領は、ユーロや元などの金利が意図的に下げられていて、通貨安を誘導していると批判しています。

その他にも自動車などに関税をかけるなどして、貿易戦争の不安が台頭しています。

これら法定通貨への不安、グローバルな政局不安がビットコインの上昇要因になると主張しています。

 

期待感だけで相場は上昇する?

仮想通貨に限らず、株や為替相場でも、期待感が価格を押し上げるのはよく言われることです。

反対に、期待されていたことが現実に起こると、投資は利益確定の売り注文を出し、価格は下落します。

このことは「Sell the Fact(噂で買って事実で売る)」と言われていています。

実は、2017年のビットコイン先物にもそのような動きがありました。

2017年11月、CMEで先物上場がアナウンスされた時期からビットコインの価格は上昇、その後12月に上場されると反対に価格は下落しました。

ETFでも同じことが起こるとは言えませんが、期待感が価格を押し上げ、事実が確認されると売り注文が出るのは、株・為替の世界では頻繁に起きます。

ボガッド氏は、ビットコインETFの承認自体は来年になっても、上場への期待感が相場を支えると主張しているのでしょう。

 

まとめ

多くの専門家はビットコインETFを理由にビットコインの価格上昇を予想しています。

しかし、ボガッド氏のように政局不安・政治不安からビットコインの価格上昇を予想している専門家も少なくはありません。

仮想通貨とは関係ありませんが、貿易戦争や法定通貨の金利については現在、グローバルでホットなトピックとなっているので、余裕のある方はチェックしても良いかもしれませんね。

 

下半期大注目のBITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerがサービスを停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.