山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

【緊急速報】仮想通貨取引所ビットポイントにハッキング 【不正流出35億円】

投稿日:

 

7月12日

株式会社リミックスポイントの子会社である仮想通貨交換業を営む株式会社ビットポイントジャパンにて

仮想通貨の不正流出が発生した事を発表しました。

 

不正流出35億円 ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)等が被害に

仮想通貨取引所ビットポイントから顧客預かり分25億円、

ビットポイント保有分10億円の仮想通貨が不正流出したとされています。

 

流出した仮想通貨は全てオンライン上で管理しているホットウォレットから流出しており、

オフラインで管理しているコールドウォレットからの流出は確認していないという事です。

 

ホットウォレットで管理していた仮想通貨以下5銘柄となっています。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. ビットコインキャッシュ(BCH)
  3. イーサリアム(ETH)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. リップル(XRP)

既に親会社であるリミックスポイントの株価は前日終値に比べて20%近く下落しています。

 

不正流出の経緯早見表

不正流出に関する経緯については以下の通りになっています。

2019年7月11日

22時12分頃

仮想通貨取引所ビットポイントの仮想通貨取引システムにおいて、リップル(XRP)の送金に関するエラーが検知。

22時39分頃

リップル(XRP)の不正流出を確認。

リップル以外の仮想通貨流出の有無を調査開始。

2019年7月12日

午前2時00分頃 リップル以外の仮想通貨についても不正流出を確認。

3時00分 ビットポイントジャパンにて緊急会議を実施

6時30分 ビットポイントジャパンにおける仮想通貨の送受金を停止。

10時30分 仮想通貨の売買・交換を含む、ビットポイントジャパンの全サービスを停止。

リップル(XRP)の不正検知から8時間程で調査、会議、対応を実施したようですが、

時すでに遅く、35億円という莫大な金額の被害額となってしまいました。

現在も原因の究明、不正流出した詳細金額の確認を続けているようです。

 

不正流出の補償と今後の対応

株式会社リミックスポイントが公表しているお知らせとお詫び(第一報)

「お客様からの預かり資産に被害が生じないように、ビットポイントジャパンにおいて補償するなど、責任をもって対応する方針であります。」

と記載があります。

 

今回の不正流出によって発生した被害額等を現在精査している段階で、

詳細が分かり次第続報が入ると思われます。

 

仮想通貨取引所ビットポイント不正流出まとめ

仮想通貨取引所での不正流出事件は何度が発生しており、

多くの不正流出はオンライン上で管理しているホットウォレットから発生しています。

 

仮想通貨業界においてコールドウォレットの重要性を再認識させられる事件です。

信用が第一である取引所からの不正流出。

ビットポイントジャパンの対応、続報を待ちたいと思います。

 

この記事がオススメ

オンラインカジノ「ビットカジノ」6月限定お得なキャンペーンを実施中です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。
スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、
今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
さらにビットカジノでは日本円も入金できるようになったので、併せて紹介しています。

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.