山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

XRP(リップル)が時価総額2位に浮上!仮想通貨市場は暴落も専門家は楽観的な見解?

投稿日:

先日の仮想通貨市場暴落により、XRPが2位に浮上しました。

また、専門家の中にはこの下落を短期的に捉えているものも多く、週末からの価格回復に期待したいところです。

要点

・暴落は短期的なもの?
市場は暴落していますが、投資ファンドCEOであるブライン・ケリー氏はこの暴落は短期的なものという見解を示しています。

 XRPが時価総額2位に浮上!この動きが続いていくかが焦点か

今回は、アルトコイン市場もふくめたすべての仮想通貨が下落しましたが、その際にXRPの時価総額が2位に浮上しました。

これは、今回の暴落でXRPの下落よりもイーサリアムの下落の方が強く、イーサリアムの時価総額が大きく減少したことが要因でしょう。

一部では、今回のビットコインキャッシュのハードフォークにより、PoWといったマイナーの利権が絡むことがリスクだと認識されたという指摘もあります。

XRPは16日も他の仮想通貨に比べ価格が強い状態に。

また、XRPを元に開発されたステラも強い動きとなっています。

XRPやステラは現状でマイナー達の争いがない通貨なので、その限りでは上記の指摘も間違いではないでしょう。

また、今年何度かXRPが時価総額2位を獲得する場面がありましたが、全て短期的なものでした。

今後、もしXRPが時価総額2位の状態を長く続けると、イーサリアムとの本格的な時価総額の逆転もありえるので、今後の動向に注目でしょう。

 

今回の暴落を専門かはどのようにみているのか

仮想通貨市場内戦は長くは続かない、ブライアン・ケリー氏はいう

仮想通貨投資ファンドを経営するブライアン・ケリー氏はCNBCの番組に出演し、今回の価格の下落は長くは続かないとの見解を示しています。

実際に、同氏は価格が暴落した水曜日にビットコインを買い増ししたとコメント。

ケリー氏は、もし今回の暴落がビットコインキャッシュ分裂騒動によるのであれば、価格の下落は投資家の一時的なリスク回避だったと主張しています。

当ブログでもお伝えしていますが、昨年11月13日にも、ビットコインキャッシュのハードフォークにより価格が下落。

しかし、その後は年末相場へ向けて価格が高騰していきました。

悲観するのはまだ早い?2017年も11月に同じ理由で相場は暴落していた!過去のチャートを分析

今回も同じになるかはわかりませんが、時期や下落要因は同じものと考えられるので、ここから再び価格が上昇していけるかに注目でしょう。

その意味では、今後数週間は価格が回復するかを見極める重要な期間となりそうですね。

 

まとめ

XRPに関しては、時価総額2位の状態をどこまで保っていけるか注目です。

このまま長く2位を維持することができれば、イーサリアムとの本格的な時価総額逆転の可能性も考えられます。

また、仮想通貨市場全体に関しては、ここから時価総額の回復と価格の回復できるかに注目でしょう。

年末には多くのイベントも控えているので、その動向を注視しつつ再び価格が上昇していくことに期待したいですね。

 

2018年国内取引所注目度No.1のビットポイントでビットコイン取引を始めよう!

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

新しいイメージキャラクターに本田圭祐選手を起用し、今もっとも勢いのある仮想通貨取引所となっています

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

 

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が下落しており、今後のチャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト

-仮想通貨ニュース
-,

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.