仮想通貨ニュース

ビットコインが下落!グッゲンハイムCIOは今年、最高値を更新しないと予想! / ビットコインの急落の原因は、バイデン新政権などの影響!?

投稿日:

ビットコインが下落!グッゲンハイムCIOは今年、最高値を更新しないと予想!

要点

・グッゲンハイムCIOは今年、ビットコインの最高値を更新しないと予想

・ビットコインは3万ドルを割ろうとしている状況

米投資会社のグッゲンハイム・パートナーズの最高投資責任者である
スコット・マイナード氏がビットコインについて、

「現在までのところ、来年までビットコインが最高値を打つことはないと考える。
そして20000ドルに向けた調整を見ることになるだろう」

と、予想していたことを明らかにしました。

1月8日に4万2000ドルという史上最高値を更新した
ビットコインなのですが、マイナード氏は2022年まで
この高値を更新することはないと思っているようです。

また、彼は以前、ビットコインは『40万ドルに向かう』と
予想していたことがありました。

しかし、1月10日に

「ビットコインの放物線を描くような上昇は、短期的には維持できない」

と主張していました。

実際、ビットコインは下落しており、
3万ドルを割ろうとしていました。

 

■ネットの反応

今回の下落については、多くの投資家もショックを受けている状態でした

中には、これから反発するかもしれないけどまた暴落するだろうという声もありました。

 

ビットコインの急落の原因は、バイデン新政権などの影響!?

要点

・ビットコインの下落は様々な要因がある

・バイデン新政権に不安を持つ投資家がいる

ビットコインは21日午前中に値下がりが始まりました。
22日11時40分時点では、3万600ドル付近となり、
24時間で約11%の値が下がった形となりました。

アナリストやトレーダーによると、
今回のビットコイン下落の要因は複数あると述べました。

アジアにおけるレバレッジの巻き戻し、市場に参入する買い手が
枯渇しているという懸念、
新しいバイデン政権の暗号資産政策についての不透明感などが
ビットコインの下落の要因としている。

スイス・ジュネーブに拠点を置くスイスクオート銀行のクリス・トーマス氏は

「機関投資家の売却もある程度はあったが、
大規模なものではなかった。
引き金は、アジアの取引時間の遅い時間帯でのレバレッジされたポジション。
レバレッジされているため、市場を大きく動かす」

と、述べました。

また、一部の潜在的投資家はバイデン政権が
ビットコインや暗号資産について、
どのような政策を展開するのかがわからず、
不安を感じているのかもしれない状況となっているようです。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコインが下落!グッゲンハイムCIOは今年、最高値を更新しないと予想!』について

・グッゲンハイムCIOが来年までビットコインの価格を更新することはないと予想した

・ビットコインは3万を割ろうとしている状況となっている

 

■『ビットコインの急落の原因は、バイデン新政権などの影響!?』について

・アナリストやトレーダーは今回のビットコイン下落について、
複数の要因があると述べた

・一部の投資家はバイデン政権に対し、不安を感じているかもしれない状況となっている

 

ビットコインの下落については、今に始まったことではないのですが、

今回は大きく下落しており、これからもまた下落して、

300万ドルを下回るかもしれないという声もありました

しかし、それでもビットコインのチャートがどうなるかは

多くの投資家は予想することが出来ない状況になっているため、

しばらくは様子見したほうが良いかもしれません。

この記事がオススメ

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.