仮想通貨ニュース

ビットコイン5万ドル回復で仮想通貨全面高!機関投資家は強気の買い増し/米コインベース、仮想通貨全体の11%を管理

更新日:

ビットコイン5万ドル回復で仮想通貨全面高!機関投資家は強気の買い増し

要点

・株式市場の反騰で、ビットコインが一時5万ドルを回復

・米企業MicroStrategyはBTCを16億円相当買い増した事を発表

ビットコイン価格は、3月2日19時現在524万円(49,023ドル)まで回復しました。

 

株式市場が反騰したことにより、
一時5万ドルを回復するなど大きく持ち直しました。

Glassnodeのデータを参照した
Moskovski CapitalのLex Moskovski CEOは

「42,000ドルの押し目をつけた昨日、ビットコインの非流動的供給量が急増した」

と指摘しました。

増加幅は2021年に入って以降、最大となります。

米NASDAQ上場企業MicroStrategyは
日本時間の3月1日22時12分に
ビットコインを1500万ドル(16億円)
相当買い増したことを発表しました。

今回の平均取得価格は押し目の45,710ドル。

これまでに購入した全保有分の平均取得価格は
24,063ドルとされることから
多大な含み益になっているものと思われます。

 

■ネットの反応

投資家達は、ビットコイン5万ドル回復に勢いを感じながらも

もみ合いや下落を警戒して手出しを控える声も見られました。

5万ドルの壁を突き抜けたら、警戒ムードも晴れて

ロング目線に移行するかも知れません。

 

米コインベース、仮想通貨全体の11%を管理

要点

・米国の大手仮想通貨取引所コインベースで保管されている仮想通貨の量が急増

・データアグリゲーターのメサーリは仮想通貨全体の約11%がコインベース管理下と報告

仮想通貨データアグリゲーターのメサーリは、
コインベースで保管されている
仮想通貨の量が
2020年の第4四半期に急増したとの
報告結果を出しました。

仮想通貨全体の時価総額の約11%が、
昨年末時点でコインベースの管理下に置かれていた

との報告です。

コインベースで管理されている資産の価値は、
2020年第4四半期時点で
約900億ドルに急増しました。

また、コインベースの取引収益の95%が、
個人投資家によるものとも判明しています。

コインベースが2月25日に
米証券取引委員会(SEC)に提出したレポートによると、
2020年における取引手数料からの収益は
11億ドルに達したとのことです。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコイン5万ドル回復で仮想通貨全面高!機関投資家は強気の買い増し』について

・ビットコインが一時5万ドルを回復するほど大きく持ち直す

・米企業のMicroStrategyが、さらに16億円相当の大量買い増しを報告

■『米コインベース、仮想通貨全体の11%を管理』について

・米国の仮想通貨取引所コインベースで保管されている仮想通貨の量が急増

・仮想通貨全体の時価総額11%がコインベースの管理下であるとの報告も

 

株式市場に連動して、ビットコインも大きく価格を回復させました。

一部投資家の間では「5万ドルの壁」と言われており、

5万ドル以上を連日で維持できれば

一気に上抜けするだろうとの見方がされています。

買いでも売りでも今は見極めの難しいタイミングなので

様子を見てエントリーした方が良いと思われます。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.