仮想通貨ニュース

ビットコイン長期保有率が過去4年間で最高値に! / ウクライナ政府とFTX他企業が、仮想通貨募金サイトを設立

投稿日:

ビットコイン長期保有率が過去4年間で最高値に!

要点

・オンチェーンアナリストの分析では、ビットコインの長期保有者が過去4年間で最多の76.23%に達したとのこと

・今後BTC価格が急落した場合、この投資家群がサポートレベルになり得るという分析も

オンチェーンアナリストのLex Maskovski氏は
ビットコインのilliquid Supply(流動性のない供給量)が
過去4年間で最多の76.23%に達したと指摘しました。

つまりビットコインの長期保有傾向が広まっているという見解です。

オンチェーンアナリストのKJ Lanpaul氏は
1BTC以下を保有する個人投資家層は
21年11月以降、
42,779BTCを買い増ししたと分析。

これはビットコインの総供給量の5.45%に相当し、
長期保有されているBTC供給量の増加に
つながっているとしています。

また、Maskovski氏は10〜100BTCを保有する
ウォレット群は
急激なペースでビットコインを買い増していると指摘。
同層はビットコイン価格が10,000ドルから50,000ドル台まで
急騰した際に「正しく」売り抜けていたと考察されています。

また、オンチェーンデータ上では、
500万以上のウォレットが
245万BTCを23,250ドルの価格帯で購入していると
アナリストのAli Martinez氏は指摘。

今後BTC価格が急落した場合、
この投資家群がサポートレベルになり得るという分析です。

ですがその一方で、エコノミストのJan Wüstenfeld氏は
ビットコインに関するツイート量が増加する反面、
イーサリアムのツイート量は1月末以降、
50%減少していると指摘。

アルト主導の相場センチメントが落ち着いているという見方をしています。

 

■ネットの反応

バイデン大統領が投資家たちの予想を超えて

仮想通貨の経済的成長と資産価値を肯定的に捉えていたことは

仮想通貨市場全体の大きな追い風として投資家間に認識されているようです。

 

ウクライナ政府とFTX他企業が、仮想通貨募金サイトを設立

要点

・ウクライナ政府と仮想通貨取引所FTXは、仮想通貨寄付受付サイトを設立

・仮想通貨取引所が政府などの公的金融機関に仮想通貨寄付の提供で協力するのは初事例とのこと

大手仮想通貨取引所FTXは14日、
ウクライナ政府のデジタル変革省などと連携して
公式寄付サイト「Aid For Ukraine」の設立を発表しました。

ウクライナのMykhailo Fedorov副首相兼
デジタル変革大臣は
「世界中からウクライナに仮想通貨で寄付できる
公式サイトが稼働を開始した」と報告しました。

サイト設立にはFTXの他、
ウクライナのブロックチェーン企業Everstakeも協賛しています。
Everstakeはウクライナ発の分散型ステーキングプロバイダ。

62万以上の利用者数を誇ります。

公式発表によれば、仮想通貨取引所が
政府などの公的金融機関に
仮想通貨寄付の提供で協力するのは初事例。

また、仮想通貨界隈は既に
ウクライナに8,000万ドル(95億円)以上の
仮想通貨を寄付しています。

この内、5,000万ドル(60億円)相当が
デジタル変革省のウォレットに送金済です。

現在、仮想通貨寄付の対象銘柄は以下の通り。

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
テザー(USDT)
ポルカドット(DOT)
ソラナ(SOL)
ドージコイン(DOGE)
モネロ(XMR)
アイコン(ICX)
ネオ N3(NEO)

上記銘柄以外にも、他の仮想通貨銘柄に対応する予定とのことです。

 

今回の記事のまとめ

■『ビットコイン長期保有率が過去4年間で最高値に!』について

・オンチェーンアナリストの分析では、ビットコインの長期保有者が過去4年間で最多の76.23%に達したとのこと

・今後BTC価格が急落した場合、この投資家群がサポートレベルになり得るという分析も

■『ウクライナ政府とFTX他企業が、仮想通貨募金サイトを設立』について

・ウクライナ政府と仮想通貨取引所FTXは、仮想通貨寄付受付サイトを設立

・仮想通貨取引所が政府などの公的金融機関に仮想通貨寄付の提供で協力するのは初事例とのこと

 

週明けのビットコイン価格はさほど変動なく450万円台を維持しています。

ビットコインの長期保有者が増大していることも、もしかしたら

関係しているのかも知れません。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.