仮想通貨ニュース

【7月7日概況】底堅いビットコイン!300万円回復気配?!

投稿日:

ビットコインの7月6日の動きは横ばいながらも、崩れることがなく底堅い展開となりました。
250万円を下回る気配はなく、一旦ショートの買い戻しで300万円を狙ってもおかしくない展開です。
ビットコインの7月7日の概況について解説します。
(この記事は7月7日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値と値動きの予想を紹介しています。)

 

横ばいも底堅い!7月6日午前7時からの動き

7月6日午前7時、276万円で推移していたビットコイン、日本株が軟調だったことにより、

正午に267万円まで売られるも、その後は持ち直す動きとなります。
欧州時間、NY時間共にジリジリと値をあげ、日付が変わる頃には273万円へと回復、

7月7日午前7時には280万円付近まで上昇し、現在は278万円で推移する展開です。
7月1日に発生した、短期サポートを下回ることなく切り上げていますので、短期サポートが定着し、強い展開になりかけています。

7月6日更新(短期反発ムード)・・・https://bitcoin-valley.com/news/btcmarket-327/

 

NY株が堅調!300万円を狙うか?!

NY株は前日、寄り付きから売られましたが、ビットコインへの影響は少なく、

結局は陽線で終わっています。
5月以降、株が売られる3-5倍のペースでビットコインも売られていましたが、

ここに来てようやく行き過ぎの修正が入る雰囲気です。
時間による下落も、500万円から日本時間に買い上げ、NY時間に暴落する動きから、

日本時間に下落し、NY時間は堅調へと変わってきており、売り手と買い手に動きがありそうです
340万円程度までの戻す余地はあるかと思います。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは短期サポートが262万円へと切り上がります。
短期サポート割れは依然として危険な兆候なので、注意しましょう。
250万円を割れた後は売りが加速しそうです。
レジスタンスは283万円の位置に短期レジスタンスがあり、ここを上回れば288万円の中期レジスタンスをターゲットにしそうです。
日本勢は既に死にかかっていますので、欧州、NY時間に期待しましょう。

 

まとめ

ビットコインは底堅く、短期サポートを切り上げる展開となっています。
株に対して売られ過ぎており、売られ過ぎの修正が発生してもおかしくありません。
場合によっては、300万円を超える場面も期待できそうです。

 

 

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.