仮想通貨ニュース

【9月7日短期予想】ビットコインレンジを下に割れる!!ETHアプデ大暴落で200万円割れが現実味?!

投稿日:

ビットコインはETHのアップデート前は買いが先行していたものの、NY時間の深夜に売られました。
アップデート第一弾が始まった、ETHが日足上髭をつけており、

9月はETHをトリガーにした大暴落による200万円割れが現実味を帯び始めたかもしれません。
ビットコインの9月7日の概況について解説します。
(この記事は9月7日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値と値動きの予想を紹介しています。)

 

9月6日午前7時からの動き

9月6日午前7時、277万円で推移していたビットコイン、ETHに日本勢の最後の買いが入り、

前日比5%近く上昇したため、ビットコインにも買いが入ります。
午前10時には283万円へと上昇、一度276万円と下に戻るもの、

今度はドル円が142円をつけたことにより、日本勢の悪癖が出て、午後5時には284万円をつけています。
ETHアップデートが始まっても、特に動きはありませんでしたが、日本人が寝静まった深夜、

9月7日午前1時から下げ始め、午前5時には267万円へと下落し、サポートをブレイクします。
その後午前7時現在は270万円で推移する展開です。

 

270万円に引っかかっているように見えますが、ドルベースではチャートのようにレンジを完全にブレイクし底抜け、下落相場の始まりです。

ドルベースで底抜け・・・https://bitcoin-valley.com/news/btcmarket-367/

 

ETHアプデ終了後大暴落?!いよいよ9月相場が本格化か?!

ETHの日足は、チャートのように、長い上髭を付け陰線に変わる、『首吊り陰線』の形に近くなっています。

ETHは底値から80%以上高い水準で、ビットコインの12%と比べ、アップデート期待で買われています。
アップデート後は、買われすぎの修正が起こる可能性が高く、15万円程度の元の適正価格に戻り、

釣られてビットコイン安、仮想通貨市場全体が売られるかもしれません。
ドル円は142円をつけ、ドル高で大規模投資家はドル回帰の動きを再び進めそうで、

NY株もジャクソンホール後売られ続けており、9月下旬にはFOMCと不安材料だらけで、

9月中の200万円割れが現実味を帯びてきました。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートはブレイクされたばかりで発生は、最短でも夕方ごろになりそうです。
レジスタンスは289万円で、とてもブレイク出来そうにありません。
NY時間は再び売られると思われ、日本時間に買う元気があるかに注目です。

 

まとめ

ビットコインは買いが先行していたものの、NY時間深夜に一気に売られる嫌な動きです。
ETHの動きが消され、ETHアップデート後の大暴落が現実味を帯びてきました。
9月中に200万円割れを試すかもしれなく、注意が必要です。

 

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.