仮想通貨ニュース

【9月8日短期予想】ビットコイン持ち直しの動きに?!NYダウ反発が好感され久方ぶりのNY時間の上昇?!

投稿日:

ビットコインの9月8日の動きは、持ち直しの動きとなりました。
ジャクソンホール以降、7営業日で6日下げていたNYダウが、久しぶりの反発の動きを見せ、

ビットコインにも一度買い戻しの動きが入った形になります。
ビットコインの9月8日の概況について解説します。

(この記事は9月8日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値と値動きの予想を紹介しています。)

 

反発?!9月7日午前7時からの動き

9月7日午前7時、271万円で推移していたビットコイン、サポートをブレイクした後でしたが、

スピードのある動きにはなりませんでした。
午前11時に265万円をつけるものの、その後は反発、夜間にはサポートが復活し、

NY時間には反発の動きに、9月8日午前6時には279万円を回復します。
前日の下げのほとんどを回復して、午前7時も高値圏で日本人の動きを誘っているような状態です。

軟調な展開・・https://bitcoin-valley.com/news/btcmarket-368/

 

NYダウを好感?!ドル高は依然警戒?!

今回の動きは、NYダウの反発を好感した動きのようです。
ジャクソンホール以降は、7営業日中6日日足陰線を形成していましたが、一旦ここで反発の動きを見せました。

加えて、円安が更に進行しており、1998年の水準となる147円を捉えそうです。
147円から上は160円、その後は青天井になりそうです。
国際資産のビットコインは、ドル高の場合は長期的に売られるので、早晩再び売りが出るかもしれません。
9月下旬はFOMCが控えており、依然として警戒が必要でしょう。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは、260万円の位置に短期サポート、中期サポートが再び発生している状態です。
この水準を再び割れるようなら、相場の作り直しとなるでしょう。
レジスタンスは短期レジスタンスが284万円に降りてきており、一度ブレイクできるかもしれません。
日本株式市場が軟調になったり、NYダウ先物が下がり始めると、日本時間から下がる展開になるかもしれめせん。

 

まとめ

ビットコインは持ち直しの動きとなりました。
NYダウが久しぶりのまともな反発を見せ、ビットコインも買い戻された動きとなります。
ただし、依然としてドル高は仮想通貨のドル回帰の動きに繋がり、FOMCと大型イベントが控えているので、警戒が必要でしょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.