仮想通貨ニュース

【10月31日短期予想】今週は大型イベントFOMC?!楽観論後退で大荒れの危険性?!

投稿日:

ビットコインの週末の動きは、NY株の上昇から切り返し、一時310万円をつけましたが、

その後は再び303万円程度まで下落しています。
今週は11月3日早朝にFOMCとなるものの、NY株は利上げペース鈍化を先取りし、

かなり弛緩しており、大荒れになるかもしれません。
ビットコインの10月31日の概況について解説します。
(この記事は10月28日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値と値動きの予想を紹介しています。)

 

結局横ばい?!10月28日午前7時からの動き

10月28日午前7時、299万円で推移していたビットコイン、短期サポートに近づくことなく粘りの動きを見せます。
NY株が800ドル以上上昇したことから、29日午前1時には306万円と300万円を回復、土曜日もこの流れを引き継ぎ、午後7時には310万円へと上昇し、短期レジスタンス、中期レジスタンスをブレイクします。
ただ、この動きはブレだったようで、10月31日午前7時現在は303万円で推移し、週末からは小幅高程度におさまっています。

 

11月3日深夜FOMC!!大荒れするかも?!

今週は11月3日の午前3時ごろにFOMCの発表があります。
FOMCの数値より、その後の会見に注目が集まり、既に市場は『12月以降の利上げストップか鈍化』を織り込んでしまっており、期待通りにならない場合は大荒れとなりそうです。
前々回のFOMCでは、会見で『家計と企業の痛みを伴う』と発言していることから、方向転換を期待するのには早く、空振りに終わる可能性も充分にあるでしょう。
NY株は下落トレンドの上限に近づいてきており、セオリー通りなら本日くらいから上値が重くなり、ビットコインにも負の影響を与えるかもしれません。

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは、299万円の位置に短期サポートが切り上がっており、サポートが機能するかに注目です。
291万円へと中期サポートも切り上がっており、週明けの動きは崩れやすくなっています。
レジスタンスは314万円の位置に短期レジスタンスがあり、切り返しが出来るかに注目です。
FOMC前のため、NY時間に大きな動きが出やすくなりそうです。

 

まとめ

ビットコインは310万円へと上昇したものの、その後再び下落しています。
11月3日午前3時ごろにFOMCが予定され、かなり弛緩したムードで突入するため、波乱要因となりそうです。
週央の動きに注意しましょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.