仮想通貨ニュース

【12月23日短期予想】ビットコイン一時年初来安値更新も底堅い?!欧米はクリスマス休暇モードか?!

投稿日:

ビットコインの22日の動きは、一時220万円を割れて年初来安値を更新したものの、

大事には至らず再び上昇ムードとなっています。

本日はクリスマス休暇となり、

欧米の大手は休暇に入るため、動きが乏しくなるかもしれません。

ビットコインの12月23日の概況について解説します。

(この記事は12月23日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値と値動きの予想を紹介しています。)

 

一時年初来安値に?!12月22日午前7時からの動き

12月22日午前7時、222万円で推移していたビットコイン、日本時間は殆ど動きを無くします。

NY時間に入り、米GDPが予想より強かったことにより、利上げ懸念が再燃、

23日午前2時に219.7万円と年初来安値を少し更新します。

その後は再び222万円に戻しており、年初来安値更新後の弱気の動きは見られません。

 

欧米はクリスマスモード?!動きは週明けか?!

220万円の年初来安値を更新したビットコインでしたが、ドルベースではまだ余裕があるため、

大きな動きにはなりませんでした。

欧米がクリスマス休暇に入る時期で、ショートを作るヘッジファンドも休暇中なため、

崩す動きには発展しなかったようです。

クリスマス休暇中は本格的に動かなくなると考えられ、新たな動きは週明け以降になるかもしれません。

ビットコイン採掘大手、米Core Scientificが破綻申請を準備したとの報道がありましたが、

追加で破綻が無ければ週末は売りが収まり、一時的に230万円台へと戻せる可能性がありそうです。

仮想通貨企業の破綻に注意・・・https://bitcoin-valley.com/news/btcmarket-439/

 

本日のサポート&レジスタンス

本日のサポートは、変わらず215万円の位置に短期サポート、中期サポートが重なった状態です。

この水準を下回ると、大崩れの可能性があるでしょう。

レジスタンスは228万円へと短期レジスタンスが降りてきており、ブレイクが可能もしれません。

ブレイク後に下がる可能性もあるため、本格反騰はまだまだ先となりそうです。

長期的な底値をつけたとは言えないことを意識しましょう。

 

まとめ

ビットコインは年初来安値の220万円を割れるものの、ドルベース価格で余裕があったことにより、大きな動きとなりませんでした。

本日からクリスマス休暇が本格化すると思われ、動きは小さくなりそうです。

欧米のヘッジファンドはクリスマス休暇に入り、売りが減り、230万円へと戻せるかもしれません。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2023 All Rights Reserved.