仮想通貨ニュース

【7月15日概況】ビットコインのXデーが7月18日と判明!現在の動きはGBTCロック解除を睨む?!

投稿日:

ビットコインの動きが足元でより狭くなっています。
少し反発しても上値が容易く抑えられてしまい、かといって下に行くエネルギーも小さいため、

1日の変動が極端に減ってきました。
動きが小さくなっている原因は、最大規模の仮想通貨投信、

グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)の大きなロック解除が7月18日にあり、

この日をXデーと睨んでいる層が多いためのようです。
ビットコインの7月15日の概況について解説します。
(この記事は7月15日午前7時の情報で書き、短期間のスイングトレードで有効となる数値を紹介しています。)

 

7月14日午前7時からの動き

7月14日午前7時、360万円で推移していたビットコイン、

朝方364万円まで上昇するも、午後6時に下落し、350万円を少し割ります。
大底を目指しても良さそうな展開でしたが、その後は急反発し、

7月15日午前3時には364万円まで上昇、午前7時現在362万円で推移し、ほとんど同じ水準に戻っています。
売りも買いも中途半端に終わり、非常に動きが乏しい展開です。

 

7月18日がXデー説

動きが乏しい原因は、7月18日に大きなイベント、Xデーを控え、買い手が様子を見ていると考えます。
7月18日には最大規模の仮想通貨投資信託GBTCのロック解除が行われます。
GBTCはビットコインに連動するパフォーマンスを目指す投資信託ですが、

普通の投資信託と違い、購入後半年間売却が出来ないロック期間があります。
1月18日に大きな買いがあり、7月18日にロック解除されるため、

GBTCが売却され下落しビットコインに波及していくという構図です。
このイベントには『実需では買いに繋がる』と見る人もいますが、

今はテクニカルもファンダメンタルもいいところが無いため、投機筋は売りと考え、

今の時点ではネガティヴの方が大きそうです。
ちょうどビットコイン暴落から来週で2ヶ月経ち、レンジが終わりそうなタイミングにあたります。
7月18日は日曜日になるため、

7月19日の先物が開く午前6時から来週にかけてレンジが終了する動きがあるかもしれません。

 

今日のサポート&レジスタンス

今日のサポートは昨日の安値を起点として発生しています。
レジスタンスは366万円の位置で、どちらもブレイクしやすい位置です。
投機的な動きは本日、明日以降から始まってもおかしく無いため、

『レンジ相場でそんなに下がらない』と考えるのは危険でしょう。

 

まとめ

ビットコインの動きは小さいままですが、7月18日にGBTCのロック解除というイベントがあり、

この日がXデーとなりそうです。
上がる可能性より下がる可能性が高いため、この日に向けて警戒を強めた方がいいでしょう。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.