山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

「仮想通貨での支払いが一般的になる可能性は非常に高い」Paypal最高財務責任者が語る

投稿日:

世界的に有名なPaypalの最高財務責任者 ジョン・レイニー氏Wall Street Journalの質問に対し、興味深い発言をしました。

 

「将来的に仮想通貨での支払いが一般的になる」

WSJ(Wall Street Journal)の「仮想通貨は世間に普及するか?」という質問に対して、Paypal CFO(最高財務責任者) ジョン・レイニー氏は以下のように述べています。

現時点で仮想通貨が普及する可能性は非常に高い

仮想通貨は支払いにおける技術的にも十分なメリットがある。

しかし、普段使われている法的通貨の代わりに使用される様になるにはもう少し時間が掛かると思う。

最大手国際ペイメント企業の最高財務責任者が仮想通貨の支払いは将来的に「当たり前の支払い方法」として普及する可能性が非常に高いと発言しました。

現在は世界の支払い85%が現金で行われており、スマートフォンなどで仮想通貨や決済サービスを介した支払いはまだ普及していません。

しかし、考え方によっては現金で支払いを行っている85%の人に対して仮想通貨が必要とされる可能性もあります。

 

Paypalはどのような企業なのか?

PayPalは1998年に設立、米シリコンバレーを本拠として活動している企業です。

革新的な支払い方法の提案により、多くのユーザーから高評価を得ています。

2017年の第2四半期(2017年4⽉1⽇〜6⽉30⽇)には、わずか3ヶ月程度で870万人の口座開設を達成しており、名実ともに最大手と言えるグローバルペイメント企業です。

Paypalは個人・企業間での取引のみならず銀行を介した取引も可能としています。

Paypalの支払い方法は、非常に安全面に優れており、クレジットカードを支払いに使う事に対して不安を感じる人の為に独自の支払い方法を確立しています。

 

通常の場合:クレジットカード・口座の情報>支払先

Paypalの場合:クレジットカード・口座の情報>Paypal>支払先

 

個人のクレジットカードや口座をPaypalに登録しておけば、支払先に個人の情報が渡る事はありません。

個人情報を気にする人にとって、様々な支払いをする場面においてなるべく自分自身の個人情報は隠しておきたいものです。

そういった人にとってPaypalは革新的で、非常に有用な決済方法と言えます。

 

その他、Wall Street Journalの質問に対するPaypal CFO ジョンレイニー氏の回答まとめ

Wall Street Journalからの様々な質問に対するPaypal最高財務責任者 ジョン・レイニー氏の回答をまとめました。

①現金の存在

WSJ:今後、支払いは全て携帯電話などを介した支払いのみになり、現金は消えるのか?

John Rainey氏:現金がなくなるという事はありません。携帯電話を持っていない人の為にも現金は残り続けると思います。

John Rainey氏:しかし、未だに数多くの人が現金を使って支払いをしているというのは、デジタル決済業界にとって大きな問題です。デジタル決済への移行を加速させる為、消費者や加盟店に支払い方法のシフトを助けるためにメリットを提供する必要があります。

 

②デジタル決済を使用するメリット

WSJ:支払い方法のシフトした際のメリットとは?

John Rainey氏:顧客の手間を省き、店舗に利益をもたらす事です。モバイル決済でのショッピングはアメリカが60%~70%の割合を占めていますが、決済をする際に「クレジットカードの番号入力」「住所入力」というプロセスが発生します。

John Rainey氏:この手間をデジタル決済で省く事により、顧客の手間がなくなり、店舗や企業の回転率を飛躍的に向上させ、結果として30%~40%程度の利益向上に繋がると考えています。

 

③Paypalは仮想通貨を受け入れるか?

WSJ:Paypalは仮想通貨を受け入れますか?

John Rainey氏:我々は、仮想通貨を採用した最初の企業です。Braintreeプラットフォームでは、2014年か2015年に仮想通貨を採用しました。

John Rainey氏:しかし、我々は商人です。もしあなたが商売人で10%の利益を上げたとして、その支払いをビットコインで受け取ったとします。その翌日にビットコインの値段が15%下がったらいかがでしょうか?

John Rainey氏現時点では、仮想通貨は取引において安定感が不足していると思っています。

WSJ:仮想通貨は普及しない?

John Rainey氏:時間はかかると思いますが、将来的には仮想通貨での支払いが一般的になる可能性は非常に高いと考えています。

 

まとめ

Paypalの最高財務責任者から仮想通貨の普及に対して心強い言葉を貰えました。

ビットコインだけではなく、その他の仮想通貨もPaypalと同じように、スマートフォンを端末に触れさせるだけで支払いが完了するようになるでしょう。

日常的に使う「通貨」としては発展途上の仮想通貨ですが、まだまだ成長の余地が残っているという証拠でもあります。

仮想通貨の始まりは今からです。

 

仮想通貨を買うならどの取引所?

オススメできる取引所はZaifDMM Bitcoinになります。

どの通貨でも上記の2取引所が今の安定の選択肢かと思います。

 

 

他の取引所では上記のように、取引所側で決められたレートでしか買う事が出来ません。

しかし、実は購入と売却でレートが違うのです。

上記は購入でしたが、売却のほうをみてみると

100XEMを5,563円で購入できるのに対し、5,184円で売却となります。

この差をスプレッドと言うのですが、379円の差となっています。

 

 

一方Zaifでは

※レートは当時のものです。

上記のように売買取引板とよばれるものがあり、他のユーザーとの取引になるので価格幅(スプレッド)が小さい金額で購入・売却することができます。

安定のZaifに比べ、強気に攻めたい人にオススメのDMM Bitcoinです。

 

DMM Bitcoinの大きな特徴として、

国内で唯一無二のレバレッジ取引が可能な取引所である事です。

レバレッジ5倍となっており、証拠金が20万円あれば、100万円まで取引が可能です。

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のレバレッジ取引が出来るのは国内ではDMM Bitcoinだけです。

今まで仮想通貨に手を出したくても出せなかった人にとって、レバレッジ取引が出来るという事は非常に嬉しいですよね。

 

また、レバレッジ手数料を除き、各種手数料は無料となっている点もDMM Bitcoinが強い点です。

 

さらに、パソコン以外で取引をする場合、重要になってくるのがスマートフォンアプリの使いやすさです。

DMM Bitcoinはアプリに対して使いやすさ、見やすさをしっかりと追及しています。

そして、初心者から上級者の方まで取引において重要になってくるのがサポート体制です。

仮想通貨に詳しい人でも、何かしらの問題は発生する事があります。

問題が発生してもすぐに対応する事が出来る365日24時間サポート対応を実施。

電話だけでのサポートではなく、LINEから問い合わせても対応が可能です。

今後、ZaifとDMM Bitcoinの需要が高まる可能性があり、申し込みが殺到した場合本人確認に時間がかかる可能性があります。

常に移動できるよう両方の取引所で口座開設しておく事をオススメします!

 

手数料0円で取引するたびに0.01%がもらえるZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)はビットコインを取引するたびに取引金額の0.01%をもらえるというユニークな仮想通貨取引所です。
また、bitflyerやcoincheckなど他の取引所では取扱いをしていない通貨などの購入ができるのも特徴です。

運営会社であるテックビューロ株式会社は信頼できると評判で、セキュリティ対策もしっかりしています。
また、ZAIFトークンという取引所初の仮想通貨も発行しています。

一部の通貨はレバレッジ取引もでき、他で取り扱っていない通貨の売買もできるため、投資目的の方などにオススメできる取引所です。

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

-仮想通貨ニュース
-

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.