山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

ナスダックを活用した取引所「DX」が6月より運行開始!仮想通貨市場の時価総額100兆円以上も現実的

投稿日:

ナスダックのシステムを活用した取引所「DX.Exchange」が来月に開始することが発表されました。また、すでに、ニューヨーク証券取引所の親会社であるICE(インターコンチネンタル取引所)は仮想通貨の現物取引ができるプラットフォームを開発していることが報じられています。

投資ファームの創業者・仮想通貨投資家ブライアン・ケリー氏(以下ケリー氏)は公的なプラットフォームの導入により、今後仮想通貨市場が数兆ドル(数百兆円)の規模になるとコメントしています。

 

ナスダックのシステムを利用した取引所「DX.Exchange」が6月よりスタート

DXが開始されることにより、ナスダックのシステムを使用した初めての取引所が誕生することになります。

ナスダックの証券取引に使われている監視やセキュリティーのシステムが利用されるということでしょう。

注意するのは、あくまで「ナスダックのシステムを使う」だけでナスダックが直接関与するわけではないということです。

 

サービス内容

サービスは日本の取引所のような法定通貨と仮想通貨の交換、保有、ウォレットサービスを計画してるとのことです。

取り扱い通貨は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインを含む6種類です。

ただ、今後は20~25種類まで取り扱い仮想通貨を増やす予定です。

 

今後の展開

ナスダックは直接関与しているわけではありませんが、アメリカの仮想通貨規制の面で展開があるか期待です。

CEOダニエル・スカウランスキ氏によると、現在は規制当局と交渉中の段階であり、初めは米国の顧客へのサービス提供はないということです。

交渉が進展するのに期待したいですね。

 

ICE(インターコンチネンタル取引所)が仮想通貨現物取引プラットフォームを開発か

ICEが仮想通貨を現物取引できるプラットフォームの開発を検討しているのが明らかになりました。

 

すでに競合であるCBOEとCMEは昨年12月にビットコイン先物取引で参入していますが、ICEは現物取引なので、より直接的に時価総額の増加が見込めます。

 

機関投資家が仮想通貨を直接買う日がくる?

この報道を受け、米の著名な仮想通貨投資家ケリー氏は「数百億円規模の年金ファンド資本、寄付金、機関投資家たちが仮想通貨へ流入する」とFastMoneyの番組内で発言しました。

同氏はICEが現物取引を開始すれば、仮想通貨は新たな資産クラスに発展し、市場規模が100兆円を超えるのも現実的だと述べました。

参照元:https://www.ccn.com/wall-street-adopting-bitcoin-will-lead-crypto-market-to-surge-brian-kelly/

 

まとめ・ニュースポイント

これら一連の動きをまとめると、公的な機関が仮想通貨を扱うことで、市場規模の拡大が見込まれるということです。

もちろん、市場規模が拡大すれば、仮想通貨の価格上昇にもつながりますね。

最近のアメリカではこのように、仮想通貨規制に関する報道が多いです。

今後もこの動きは続き、多くの人が仮想通貨を取引できる環境が整うのが期待されます。

 

仮想通貨を取引するなら

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引ができる国内唯一の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュの計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能。もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

また、DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティーも万全。マルチシグ、顧客の資産分割管理などあらゆる対策が施されています。

仮想通貨市場が盛り上がってるいま、DMM Bitcoinに登録するのをおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、日本の取引所では唯一のリップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.