仮想通貨ニュース

中国政府公式の仮想通貨格付けが発表!1位はイーサリアム!全28種類ランキング公開

更新日:

先日から報道されていた中国政府公式の仮想通貨各づけが本日発表されたようです。1位はイーサリアム、ビットコインは13位、リスクが3位にランクインしています。

 

格付けランキング発表

先日、中国政府は仮想通貨の格付けをおこなうと発表していました。

格付けをおこなうことで、ブロックチェーン事業を効率的に発展させる狙いがあります。

 

格付けランキング

今回発表されたランキングは以下です。

1位Ethereum15位Waves
2位Steem16位Ethreum Classic
3位Lisk17位Ripple
4位NEO18位Dash
5位Komodo19位Sia
6位Stellar20位Bytecoin
7位Cardano21位Litecoin
8位IOTA22位Ark
9位Monero23位Zcash
10位Stratis24位NANO
11位Qtum25位Bitcoin Cash
12位BitShares26位Decred
13位Bitcoin27位Hcash
同13位Verge28位NEM

1位はイーサリアムでした。意外なのは3位のリスクですね。

この2種類は国内でも取り扱いがある仮想通貨です。

ビットコインは13位、リップルやネムは下位にランキングされています。

 

ランク付けの意味

今回、中国政府がランクづけの以下のような基準を設けています。

①プロジェクトが独立したチェーンを持つ
②ノードを自由に作成できる
③ブロック情報を追跡するためのブロックエクスプローラが公開されている
④オープンソースとしてコードを公開している
⑤コンタクトをとれるチームメンバーが掲載されたオープンなウェブサイトがある

ランクの注意点はあくまで中国政府が独自に考える基準で格付けされたものであり、絶対的な指標ではないということです。

この条件をみると、スマートコントラクトをもつイーサリアムやリスクに有利な点があるかもしれませんね。

 

政府が積極的に仮想通貨へ関わる

この格付けには2つの注目ポイントがあります。

①ランクインされた時点である程度は、優良な仮想通貨であるということ

②政府が積極的に仮想通貨に関ろうとしている

現在、アメリカでは仮想通貨の規制を強める動きがありますが、一方中国は仮想通貨にポジティブに関わろうとする姿勢がみられます。

その意味で、中国には世界最大手取引所BAINANSもあり、仮想通貨動向を追う上では注目すべき国でしょう。

「中国」と聞くと「規制」のイメージがある方もいるかもしれませんね。

しかし、実は、2015年に発表された「第13次5カ年計画」ではブロックチェーン技術の文言を盛り込むなど、仮想通貨に積極的な国でもあります。

 

webbotが予言しているスマートコントラクトの普及がくる?

5月に入り、イーサリアムのニュースが目立っています。

本稿執筆時点で、前日比3パーセントの上昇、ビットコインよりも高い上昇率です。

webbotは今年スマートコントラクトの普及により、イーサリアムの価格上昇を予言していますが、格付けもランクインされ、今後さらに注目を浴びそうですね。

また、格付けにランクインされた仮想通貨も有望なのは間違えないので、今後の動向に期待しましょう。

 

イーサリアムを取引するなら

DMM Bitcoinはアルトコインのレバレッジ取引ができる国内唯一の取引所です

イーサリアム、ネム、リップル、イーサクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュの計6種類の将来性あるアルトコインのレバレッジ取引が可能。もちろん、ビットコインもレバレッジ取引できます。

レバレッジ倍率は5倍。収益チャンスが他社より多いのが最大の特徴です。

アプリの使いやすさも定評があります。

また、DMMグループはFX口座で日本一開設されている業者です。長年の金融取引のノウハウがDMM Bitcoinにもいかされています。

もちろん、セキュリティーも万全。マルチシグ、顧客の資産分割管理などあらゆる対策が施されています。

今回のランキングで1位をとったイーサリアムは今後も価格の上昇が期待できます。

イーサリアムが盛り上がってるいま、DMM Bitcoinに登録するのをおすすめします

 

DMM Bitcoin公式

 

取引手数料がオトクでアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoin

DMM Bitcoinはレバレッジ手数料を除き、取引手数料はもちろん、口座開設手数料・口座維持手数料・出金手数料・ロスカット手数料が無料というオトクな取引所です。
また、リップルやNEMなどアルトコインのレバレッジ取引が可能です。

今まではビットコインだけのレバレッジ取引が主だったのに対し、他銘柄でもレバレッジ取引ができるため様々な相場要因に合わせてチャンスを狙うことができるようになりました。
そのため、長期的な取引・短期的な取引のどちらのスタイルの方にも総合的にオススメできる取引所となっています。

サポートの部分も24時間土日も対応+取引ツールが豊富なため、大手のDMMの良さを活かした安心できる取引所と言えます。

この記事がオススメ

最大手ブックメーカー「Sportsbet.io」を知らないと損するかもしれません。

ブックメーカーとは、サッカーや野球・バスケ・テニス・ゴルフなどのスポーツなどの結果に対して賭けることのできるサービスで、欧米では絶大な人気を誇っています。

 

Sportsbet.ioは国内で遊ぶ上での問題点を全てクリアしており、日本語サポートも完備!

安心、健全、安全に世界で流行っている"大人の遊び"を日本でも楽しめるようになりました。

 

Sportsbet.ioの特筆すべき点は、自分が賭ける試合の「オッズを好きなタイミングで上げられる」事です。

 

今来ている波に乗り遅れないようにご注意ください。

(アプリ版も既に用意されている為、スマートフォン完全対応です)

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.