仮想通貨ニュース

エルサルバドル人、まさかの7割がビットコインの法定通貨化に反対 / 集英社、NFT活用のマンガアート販売事業で大暮維人氏の新作公開へ

更新日:

エルサルバドル人、まさかの7割がビットコインの法定通貨化に反対

要点

・9月7日にビットコイン法施行を控えたエルサルバドルですが、世論調査では国民の7割が同法に反対

・貧困や失業に悩む国民は同法がさらなる経済悪化を呼び込む事などを懸念しているため

エルサルバドルのビットコイン法は
9月7日の施行が迫っているが、
世論調査によると同国の市民の70%は
仮想通貨の法定通貨化には反対している模様です。

 

セントラルアメリカン大学の研究所による
世論調査によると、
エルサルバドル市民の70%が
ビットコインを法定通貨とする
ビットコイン法を廃止するべきだと考えています。

ただし、調査対象者の90%以上が
仮想通貨についての理解が不十分であることが
背景にあります。

7月の調査でもビットコインの
法定通貨化を賛成したのは20%に留まっており、
今回の調査結果と近い結果になっています。

ビットコイン法に対する市民の態度は、
エルサルバドルの
経済パフォーマンスの低さが関係しているようです。

世論調査では、エルサルバドル市民の45%は、
貧困と失業がエルサルバドルにとっての
喫緊の課題であると考えています。

また43%が、ビットコイン法により国の経済が悪化すると懸念しています。

世界銀行によると、
エルサルバドルの国民の22.8%は
貧困線以下で生活しており、
平均年収はわずか3800ドルです。

世論調査では、
エルサルバドル人の20%が
「ビットコインが何であるかを知らない」とも述べています。

調査を行った研究者は、次のように結論付けました。

「つまり、エルサルバドル人の10人のうち9人は、
この金融資産が何であるかについて
明確な知識を持っていない」

 

 

■ネットの反応

同国大統領の意志とは裏腹に

半数近くが貧困と失業に悩まされている国民にとって

ビットコインは「自分と関係のないもの」であるようです。

 

集英社、NFT活用のマンガアート販売事業で大暮維人氏の新作公開へ

要点

・集英社のNFT作品販売プラットフォーム「集英社マンガアートヘリテージ」にて大暮維人氏の新作公開へ

・大暮維人氏は『天上天下』『エアギア』等の作品で知られ、今回は「美人画」をテーマにした作品を出品

国内最大手の出版社の集英社は3日、
3月に開始したマンガアート販売事業
「集英社マンガアートヘリテージ」にて、
大暮維人氏のカラープリント作品の
販売を開始すると発表しました。

抽選販売申込受付期間は、2021年9月4日(土)~9月12日(日)。

集英社マンガアートヘリテージとは、
集英社が2008年からマンガのカラー原画を
高精細でスキャン、撮影し、
作品情報とともにアーカイブしてきた資産を
「世界に向けて送り出す」ため、
ブロックチェーンとNFT(非代替性トークン)の
技術を利用し来歴を管理しつつ販売する試みです。

今回は、「美人画」をテーマに
大暮維人氏の作品『天上天下』
『バイオーグ・トリニティ』から10枚を選定。

美術家で建築家でもある荒川修作氏と
マドリン・ギンズ氏が設計した、
都内の集合住宅「死なないための住宅」
三鷹天命反転住宅で撮影を実施したといいます。

公式サイトにて、大暮維人氏の作品の魅力について、次のように紹介されている。

「大暮維人が描く女性もまた、歌麿が描く女性と同じく、「幻の女」である。
江戸時代の美人画と違い、
その瞳は大きく、多くの女性はグラマラスに描かれる。
しかしこれらが、男性が夢想するいい女の姿であることは、
浮世絵と共通している。
大暮維人の画力は圧倒的だが、
それは写実的な表現力の高さというより、
マンガの記号表現を多分に含む、
アマルガム的な画力と言えるだろう。
リアルではないが、リアリティのある表現。
感情と情動を刺激する力を、大暮維人の美人画は持っている。」

大暮維人氏は、1995年に成人向けマンガ雑誌
『ホットミルク』掲載の『SEPTEMBER KISS』でデビューし、
『天上天下』『バイオーグ・トリニティ』
『エア・ギア』などの作品で知られる漫画家です。

 

 

今回の記事のまとめ

■『エルサルバドル人、まさかの7割がビットコインの法定通貨化に反対』について

・9月7日にビットコイン法施行を控えたエルサルバドルですが、世論調査では国民の7割が同法に反対

・貧困や失業に悩む国民は同法がさらなる経済悪化を呼び込む事などを懸念しているため

■『集英社、NFT活用のマンガアート販売事業で大暮維人氏の新作公開へ』について

・集英社のNFT作品販売プラットフォーム「集英社マンガアートヘリテージ」にて大暮維人氏の新作公開へ

・大暮維人氏は『天上天下』『エアギア』等の作品で知られ、今回は「美人画」をテーマにした作品を出品

 

エルサルバドルのビットコイン法まであと4日。

それが影響したかはわかりませんが、3日のビットコイン価格は

549万円台と昨日の値をほぼ維持しています。

ビットコイン谷 人気記事

当サイトでもPVの高いおすすめ記事です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。

スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、登録もおおよそ「1分」で登録完了します。

今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
(登録からゲームまでスマートフォンにも完全対応しています。)

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.