山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

機関投資家は今後5年で仮想通貨の保有量を倍にする計画!Fidelityのアンケートで

投稿日:

フィデリティーは7日、以前から注目されていたカストデイ業務の一部を開始したことを発表しました。

同日CNBCが報道したところによると、幹部は仮想通貨にサービスに前向きな見解を示しているとのことです。

要点

・ウォール街老舗投資企業フィデリティー
運用規模800兆円とも言われるフィデリティーは昨年10月、仮想通貨取引サービスを開始することを発表。ウォール街老舗の投資企業でもあり、専門家からも相場の好材料として指摘されています。

 フィデリティーのカストデイ業務が開始

私たちは、適格なクライアントの選択グループと一緒に生きており、ゆっくりと展開し続けます。当社のソリューションは、ヘッジファンド、ファミリーオフィス、年金、エンダウメント、その他の機関投資家のニーズに焦点を当てています。

フィデリティー(正式には子会社である「フィデリティ・デジタル・アセッツ」)は7日、以前から注目されていたカストデイサービスを開始したことを発表。

これまでの報道によれば、まずはビットコインのカストデイを開始した模様です。

今回の発表はあくまでカストデイだけですが、すでに今年末までに米国市場の90%にサービスを拡大していくことも発表されており、今後の動向は引き続き注目となるでしょう。

また、今後はより価格の影響度が高い取引サービスがいつ始まるかも注目のポイントとなりそうです。

 

機関投資家は今後5年で仮想通貨の保有量を倍に

フィデリティーのトム・ジェソップとのより多くのオフステージインタビュー。機関投資家は仮想通貨のベア市場にもかかわらず、制度上の利益を見ています。「価格が高かったときのように、彼らは前向きだ」

同日、CNBCがフィデリティー・デジタル・アセッツのトップ、トム・ジェソップ氏へのインタビューを報道。

ジェソップ氏は、機関投資家らは価格が高かった(2017年)の時と同じくらい前向きな姿勢でいると語りました。

また同氏によると、フィデリティーが450のヘッジファンド、年金基金といった機関投資家に行ったインタビューで、約22%はすでに仮想通貨を所有していると回答したとのことです。

また、それらの機関投資家は今後5年でその保有量を倍にする計画があるとも回答したとのこと。

ジェソップ氏の発言からは、機関投資家らが仮想通貨市場に強気の姿勢でいるのが伺えますね。

 

まとめ

フィデリティーは7日、以前から注目されていたカストデイ業務の一部を開始したことを発表。

また、同日報道されたCNBCの記事によると、機関投資家が今後5年で仮想通貨の保有量を倍にする計画があるとのことです。

投資に長けた機関投資家が強気の見解を持っていることは、市場にとってはポジティブな要因なので、今後価格が上昇していくのにも期待できそうですね。

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

この記事がオススメ

オンラインカジノ「ビットカジノ」6月限定お得なキャンペーンを実施中です。
ビットカジノとは、業界最大手であるとともに、最も古くから運営しているBitcoinなどの仮想通貨を使ったオンラインカジノです。
スマートフォンにも完全対応しており、オランダ領キュラソー政府によってライセンスを取得していて、
今あるオンラインカジノの中でも安全性(出金などのトラブルが無い)が最も高いといわれています。
さらにビットカジノでは日本円も入金できるようになったので、併せて紹介しています。

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.