山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

来年へ向け価格が2倍に!?過去チャートの類似性とビットコイン半減期とは!?

投稿日:

ツイッター上で海外アナリストplanB氏(@100trillionUSD)の発言が話題になっています。

それによると、現在の相場は過去のチャートの同一性がみられ、来年へ向け価格が2倍になることを示唆しているとのことです。

要点

・ビットコイン半減期
ビットコイン半減期とは、マイニング報酬が減少する期間のこと。それにより、希少性が高まり、一般的にビットコイン半減期は価格が上昇しやすいと言われている。

 ビットコイン半減期と過去のチャートの類似性

ビットコインの月次RSI が上昇しています。歴史的に RSI は、そこに着くために14ヶ月、halvings (青赤) で70の周りに到達します...

planB氏は上記のようにツイート。

RSIの過去と現在の値動きから、14か月後(2020年5月ごろ)までには価格が2倍になることを示唆していると言います。

同氏の分析をもう少しわかりやすくすると下記になります。

2012年と2016年にRSIが底値から反転し70まで上昇した時は、いずれもビットコイン半減期へ向けた価格上昇でした。

そして、2020年5月に次のビットコイン半減期が予定しており、今回もそれに向けRSIが底値から上昇に転じているということです。

pLanB氏は結果的に、2020年5月までに価格が8,000ドルから10,000ドルに到達すると予想しています。

 

過去の規則性はアナリストの間で有名に

2020年のビットコイン半減期は市場の需給関係に直接変化を及ぼすため、言ってしまえば一番強いファンダメンタルズになります。

そのため、専門家の多くも今年の後半から2020年というのは価格が上昇する期間として注目しています。

今年の6月から長期上昇トレンドに突入?共通する3名の専門家たちの見解!

その最初の転換点が今年の6月で、過去のチャートの規則性から価格が上昇し始める時期といわれています。

先日もカナダの投資会社が同じレポートを発表しており、現在の値動きが過去の値動きと酷似していることから、現在は2021年200万円到達へ向けた上昇の流れにいると指摘しています。

2011年~2015年と2015年~2019年のチャートが酷似!?カナダ投資ファンドのレポート!

 

まとめ

海外アナリスト、PlanB氏の分析によると、2020年5月までにビットコインは現在の価格の2倍に到達する可能性があるとのこと。

また、PlanB氏以外にも多くのアナリスト過去のチャートと現在の相場の類似性を指摘しており、今年の相場動向には期待ができるかもしれません。

アナリストらが指摘するように、相場が上昇していくのに期待したいところですね。

 

【3月限定】BITPointでは現在「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中!

BITPoint(ビットポイント)では現在、3月限定の「リップルがもらえる!〜平成最後の新規口座キャンペーン〜」を実施中です。

キャンペーンの内容は「新規口座を開設+入金するだけ」でリップル(XRP)がもらえるかなりお得なキャンペーンとなっています。

同取引所ではこの他に、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの購入が可能、ビットコインでレバレッジ最大4倍の取引も可能です。

最大の特徴はセキュリティーの高さで「I.S.Rating」という第三者機関から上位Aランクを取得。

自社独自のウォレット管理、マルチシグ、ハッキングへの対応、SSL暗号化など、国内でトップクラスのセキュリティーを誇っており、SNSやネット上で評判の良い取引所として知られています。

上記の記事のように、最近では仮想通貨に関連するニュースでは明るい兆しが見え始め、ここから価格が上昇していくのにおおいに期待できます。

まだBITPointの口座を開設したことのない方は、このキャンペーンを利用してぜひ取引を始めることをおすすめします。

3分で済むBITPointの口座開設はコチラから

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2019 All Rights Reserved.