仮想通貨ニュース

Googleもブロックチェーン参入? これまで関係した世界的企業まとめ

投稿日:

Googleがブロックチェーン部門の設立に踏み出しています。
これをきっかけに仮想通貨事業への参入を決めるのでしょうか。

最近までマニアックな分野だったブロックチェーンですが、現在ではさまざまな企業がかかわるようになりました
天下のGoogleが加われば、影響力が増すでしょう。

今回はGoogleの動向を踏まえ、これまでブロックチェーン事業に参入したメジャー企業をまとめました。

 

要点

・Googleにブロックチェーン事業参入の可能性
Googleが注目するほどのブロックチェーン事業。これまで関係してきた世界的企業の例をまとめました。

 

Googleがブロックチェーン開発に乗り出す?

Googleがブロックチェーン部門の活動を始める動向を明かしています。
責任者はシバクマール・ベンカタラマン氏で、Googleの検索広告部門で約10年の活躍をしてきました。
天下のGoogleがブロックチェーン事業を世に出せば、世界的なニュースになるでしょう。

今回の新部門では、ブロックチェーンをはじめとした分散型技術の開発を進めるとのことです。
ベンカタラマン氏は同部門において、仮想現実(VR)および拡張現実(AR)の事業を手がけるグループの創設リーダーを務めます。

VRやARも近年世界的に注目されているだけに、どのような新サービスや商品につながるかが注目されるでしょう。
ブロックチェーン技術の開発と合わせて、今後の動向に期待がかかります。
 

ブロックチェーンを活用する世界的企業の事例3選

Googleのブロックチェーン開発が話題になっていますが、これまでも世界的企業の参入が大きなニュースになってきました。
その例として、以下の3社を挙げます。

・MasterCard
・三菱UFJフィナンシャルグループ
・ソニー・インタラクティブエンタテインメント

上記3社とブロックチェーンとの関係を、以下にまとめました。
 

MasterCardがデジタル通貨の決済カードをローンチ

MasterCardは2021年11月、アジア太平洋地域拠点の仮想通貨企業「Amber Group」「Bitkub」「CinJar」の3社と提携しました。
これにより独自の決済カードのローンチを果たしています。
世界的なクレジットカードブランドが、ブロックチェーン技術の実用化に乗り出したのです。

MasterCardが開発した決済カードは、世界中でデジタルトークンから法定通貨への換金が可能です
加盟店に送金せずして仮想通貨を法定通貨へ即換金し、決済に使えます。
世界中どこにいても利用可能なので、海外旅行や出張にも役立つでしょう。

MasterCardのブロックチェーン技術は、世界中の経済活動を変える可能性を秘めています。
 

MUFGはデジタル証券プラットフォーム「Progmat」運用

MUFG(三菱東京フィナンシャルグループ)は独自のデジタル証券を発行し、管理できるプラットフォーム「Progmat」の運用を始めています
Progmatにより、新しい資金調達や投資のやり方が実現しているのです

Progmatの構成要素は、大きくわけて以下の3つです。

・証券の権利を動かす「セキュリティトーン」
・ブロックチェーンの領域内で決済する「プログラブルマネー」
・契約確認や履行を自動で進める「スマートコントラクト」

以上の3要素を組み合わせることで、Progmat内で証券や社債の取引が可能になります。
Progmatの専用端末も不要なので、誰もが手軽に活用可能です。
仮想通貨以外の投資分野においても、ブロックチェーンの波が押し寄せるでしょう。
 

ソニーのeスポーツベッティングプラットフォーム

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは2021年5月に、仮想通貨やゲーム用資産などを使って、eスポーツの賭けをする場所の特許申請をしています
ゲーム機器「PlayStation」シリーズでおなじみのソニーが見せたアイデアは、eスポーツ業界とブロックチェーンの関係性を深めるでしょう。

ソニーが特許申請中であるプラットフォームでは、eスポーツで誰が勝つかについて、仮想通貨を賭けながら予想できます
実用化が決まれば、新しい形でeスポーツが盛り上がるかもしれません。

今回のプラットフォームは、NFT(非代替性トークン)も使える可能性があるそうです。
NFTを使った商品の取引も世界中で広がっているだけに、ますます注目が集まります。
ブロックチェーン技術を使ったeスポーツ関連システムに期待しましょう。
 

まとめ

Googleがブロックチェーン部門を立ち上げ、新しい技術の開発に乗り出しました
近い将来において、天下のGoogleがブロックチェーン市場を盛り上げるかもしれません。

これまでもMasterCardやMUFGグループなど、さまざまな世界的企業がブロックチェーン技術の実用化を果たしています
Googleでも充分に可能性はあるでしょう。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.