山あり谷ありの仮想通貨インフォメーション

ビットコイン谷

仮想通貨ニュース

仮想通貨トレーダーにはつまらない相場がいつまで続く!?価格はいつ動き出すのか?過去のチャートから分析

更新日:

仮想通貨市場は全体的に、落ち着いた値動きが継続しています。

その中で、仮想通貨関連企業エレメント・デジタル・アセット・マネジメント社は相場に動きがでなくなったデータを発表しています。

要点

・ビットコインのレンジ突破
ビットコインは過去にも6000ドルから6800ドルのレンジで推移しており、このレンジ突破が最優先となっています。

 ビットコインの過去の値動き

ビットコインはここ数カ月の間、同じような動きを繰り返しています。

それは、安値をつける→65万円~76万円のレンジ相場に移行するという動きです。

下記のチャートをご覧ください。

ビットコイン円 日足

ビットコインが65万円から76万円のレンジ相場に移行した期間(赤いボックスの中)は以下になります。

①6月9日~7月17日
②8月7日~8月27日
③9月5日~?

ビットコインは、過去に20日から約40日程度レンジを行き来する期間が続いたことがわかります。

そして、今回はすでに丸1ヵ月レンジを行き来しています。

過去の値動きからすれば、遅くとも10月中旬までに何らかの動きがあると考察できますが、このままレンジ相場が継続する可能性もあるでしょう。

ちなみに、過去は76万円の突破(対ドルで6800ドル)が上昇の起点になっているため、今回のレンジも(76万円6800ドル)というのは相当意識されるレジスタンスラインとして機能しているようです。

 

エレメント・デジタル・アセット・マネジメント社のデータ

Bitcoin Volatility Time Series Charts

出典:https://www.buybitcoinworldwide.com/volatility-index/

仮想通貨のトレードやコンサルティングをおこなう「エレメント・デジタル・アセット・マネジメント」社がビットコインのボラティリティーインデックスを発表しています。

ボラティリティー・インデックスとは、ビットコインの変動幅を指数化したものです。

つまり、この数値が低下すればするほど、ビットコインがあまり動かなくなっている(変動幅が狭い)ことを表しています。

このようなデータからもわかる通り、相場が動きづらくなっているのは確かでしょう。

同社は材料の少なさや規制の不明瞭感が相場を動かしにくくしていると分析しています。

 

まとめ

XRPやビットコインキャッシュなど、一部のアルトコインにはビットコインと違う動きもみられましたが、高値をつけた後は上昇が続かず、レンジ相場となっています。

なので、主要なアルトコインもビットコインのレンジ突破に注目すると良いでしょう。

直近では、確かにあまり材料のない仮想通貨市場ですが、11月から年末は多くの材料が控えているので、また価格が上昇するのに期待したいところです。

 

 

安心の仮想通貨取引所BITPointでレバレッジ25倍のビットコイントレーディングを始めよう!

 

BITPointは、コインチェック、bitFlyerが新規登録を停止している中、2018年最大の注目取引所となっています。

BITPointの3ポイントは以下になります。

BITPoint3大特徴

①国内圧倒的!資本金44億円!顧客の資産が保証される信託保全完備
②ビットコインレバレッジ最大25倍可能!チャンスの相場で大きく稼げる
③入出金・取引手数料無料!国内最安値クラスの手数料

 

BITPointサービス概要

取り扱い通貨 入出金手数料 取引手数料 レバレッジ スワップポイント 信託保全
5種類 無料 無料 最大25倍 0.035% あり

小田社長によると、今年はビットフライヤー・コインチェックの規模まで取引所を成長させるとのこと。

海外にも進出しこれから飛躍すること間違いない取引所です。

上の記事のように、現在はビットコインの価格が上昇しており、チャンス相場到来となっています。

まだ口座を開設していない方は、この機会に登録するのをおすすめします。

BITPOINT公式サイト


;

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2018 All Rights Reserved.