仮想通貨ニュース

米財務長官が仮想通貨規制を示唆!重要材料となるか?

投稿日:

米ムニューシン財務長官は26日、CNBCの番組に出演。

そこで同氏は将来的に米国において仮想通貨規制を実施する意向を示しました。

要点

・米国政府が動き出した?
今月に入り、トランプ大統領、財務長官、FRB議長など要人発言が続いている米国。これまでになかった動きであり、今後注目の材料となるかもしれません。

 ムニューシン財務長官が将来的な仮想通貨規制を示唆!

「私は個人的に10年以内にはビットコインは主導しない保証することができます」に、Mnuchin財務長官は述べています

ムニューシン財務長官はCNBCの番組に出演。

そこでビットコインに対し否定的な立場を示すとともに、将来的にビットコイン含む全ての仮想通貨規制を実施していく意向を示しました。

ただ、どのような規制かは定かではなく、話も数年といった長期的なスパンで話しているので、その点は注意が必要です。

この他には改めて米ドルの重要性を強調、依然の立場を再度主張する形になりました。

 

米国要人発言は重要材料になるのか

ここで注目したいのが、これまでムニューシン財務長官が仮想通貨に関する発言をこのように積極的にすることはなかったということです。

今月に入りトランプ大統領、FRB議長らが立て続けに発言しており、基本的に仮想通貨には反対の立場を示していますが、今後も注目となるでしょう。

ビットコインが価値保存の手段として米国政府に認められた?ムニューシン財務長官コメントで価格上昇!

なお、このような発言の背景にはフェイスブック「リブラ」の存在が。

米国の大企業が本格的に仮想通貨業界へ参入することにより、規制の問題などが現在世界中で議論されています。

また、ムニューシン大統領らの発言は一見ネガティブにも聞こえますが、これまで米国要人からこのような発言はあまり見られませんでした。

その点では、ある意味で仮想通貨が普及しだしているともいえ、そのこと自体はポジティブな材料となるでしょう。

トランプ大統領らのネガティブキャンペーンで、良い方向ではありませんが、市民が仮想通貨に興味を持つ可能性もあります。

今後も発言が続くは定かではありませんが、フェイスブック関連の報道、および米国要人の発言は、今後材料視される可能性もあるのでしばらくの間注視したいところです。

 

まとめ

ムニューシン財務長官は26日、CNBCの番組に出演。

そこで同氏は将来的に仮想通貨規制を実施する意向を示しました。

今回はあくまで意向を示すだけに留まりましたが、フェイスブック「リブラ」は米国や世界の仮想通貨業界を変化し始めているので、今後米国の要人発言は材料視されるかもしれませんね。

 

この記事がオススメ

現在、国内最大手のブックメーカーSportsbet.ioでは、

Sportsbet.ioに新規登録から一週間以内の方限定で、

登録から"7日経過するまで"に4連勝すれば、

「5000円分」のフリーベットが贈呈されるキャンペーン実施中!

 

ブックメーカーとは、

サッカーや野球などの結果に対して予想するサービスで、

欧米では絶大な人気を誇っています。

 

今回のキャンペーンに続き、

定期的に熱いキャンペーンが実施されている為、

スポーツ観戦が好きな人だけではなく、

予想に自信がある方は特技を生かす
「チャンス」です。

 

自分の知識、センス、分析力を発揮すれば

大きな「チャンス」を掴み続けられるかもしれません!

 

今回の機会を、「逃さないように」ご注意ください。

 

-仮想通貨ニュース
-

Copyright© ビットコイン谷 , 2020 All Rights Reserved.