仮想通貨ニュース

IMF国際通貨基金は仮想通貨について警告し、規制に向けて助言

投稿日:

【要点】

・IMF国際通貨基金が、仮想通貨市場についての明確化を求めています。
・仮想通貨は金融エコシステム全体を変えていると指摘し、すぐに規制されるべき理由について語っています。
・仮想通貨取引所に対して目を向けるべきであると警告しています。

IMFが仮想通貨の明確化と規制について言及




IMF(国際通貨基金)によると、仮想通貨市場は大きな規制で終わると述べています。
最近、IMFは仮想通貨とそれらがすぐに規制されるべき理由について話しました。

金融機関は、さまざまな国で大きな経済問題が発生する前に、仮想通貨を取り締まる必要があると考えています。
このように、規制の明確化は、アジアと米国のさまざまなエンティティによって開催された反仮想通貨の議論を再開させました。

国際通貨基金仮想の取り締まりを呼びかける




世界的な経済の安定を確保する責任を負う金融機関IMFによると、仮想通貨は金融エコシステム全体を変えていると指摘しています。

政府機関の主要メンバーは、仮想通貨はさまざまな国の財政の安定に対するリスクであると指摘しています。
代表者は、国際法を作成し、仮想通貨とそのすべての取引に対する規制に対処する必要があると述べています。
また、仮想通貨取扱い事業者は、仮想通貨の収益は高いものの、安定した市場と誤解されるべきではないことを認めましt。

これらの明確化を踏まえ、IMFは仮想通貨の資本化が約2.5兆ドル(約284兆円)に達したものの、過大評価されたシステムでのみバブルになる可能性があることを認めました。

これらすべての声明には、何千人もの投資家が新しいコロナウィルス出現前に鋳造されたトークンを販売した最新の動きが含まれています。
一部の人々や企業による誤用により、仮想通貨も通貨基金の信頼を失っています。

エコノミストによると、仮想通貨はユーザーを保護しません。
不正な操作でいっぱいであり、世界中のさまざまな国でのマネーロンダリングに利益をもたらします。

IMFが仮想通貨プラットフォームについて議論




IMFは、組織が仮想通貨を規制し、仮想通貨取引所に目を向けるべきだと述べています。

金融機関は、仮想通貨取引所が仮想通貨で運用するための承認とライセンスを取得する必要があるということに恐れは持っておらず、仮想通貨サービス提供には、運用を提供するための格付け機関およびブローカーの要件を満たさなければなりません。
ただし、仮想通貨取引所は、適切に機能するため、規制当局によって監視される必要があります。

IMFの機関は、仮想通貨市場が提示するそれぞれの失敗を分析し、適切な規制スキームを提示します。
金融機関は、世界中の金融注文チームやその他の規制機関と協力します。

通貨基金の代表者が仮想通貨の問題に取り組む一方で、分散型市場は引き続き損失を被っています。
最も価値の高い仮想通貨Bitcoin(ビットコイン /BTC)は現在、1BTCが540万円(47,700ドル)台前半(※CoinMarketCap調べ)で取引されており、過去24時間で4.5%の低下が見られています。
仮想通貨の専門家は、トークンと仮想市場全体の両方の価値が2021年末までに回復すると示唆しています。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース
-, , ,

Copyright© ビットコイン谷 , 2022 All Rights Reserved.