仮想通貨ニュース

韓国、約40の仮想通貨取引所がサービス停止へ / バイナンス、オーストラリアで仮想通貨デリバティブ取引の提供を停止へ

更新日:

韓国、約40の仮想通貨取引所がサービス停止へ

要点

・韓国では、9月24日より仮想通貨取引所ライセンス制度が導入

・ライセンス登録していない取引所は24日以降サービス停止となる

韓国の約40の仮想通貨取引所は24日以降、
すべてのサービスを停止する予定です。

ロイターが報道しました。

韓国では、9月24日より、
仮想通貨取引所ライセンス制度が導入されます。

また、取引所は銀行と提携して、
ユーザーの実名口座を開設する必要があります。
この点について、銀行が仮想通貨取引所と
パートナーシップを結ぶことを避ける状況があり、
すでに提携銀行を持つ大手取引所
(Upbit、Bithumb、Coinone、Korbit)以外は
苦境に立たされるのではないかと予測されてきました。

ライセンス登録していない取引所は24日以降、
サービスを停止しなければならず、
登録できても銀行と提携できなかった場合は、
ウォン(法定通貨)の取引が禁止されることになります。

この新制度は、
マネロン防止や、サイバーセキュリティの確保、
国際的な送金ルールである
「トラベル・ルール」の遵守などを狙いとするもの。

他にも、およそ28の取引所は、
セキュリティ証明書を取得しているものの、
まだ提携先の銀行を見つけられていないそうです。

ProBit、Cashierest、Flybitなど
一部の小規模取引所は、ウォンの取引を終了し、
銀行との提携を確保するまでは、
仮想通貨建ての取引のみを提供すると発表しています。

 

■ネットの反応

昨日から本日にかけてビットコインが大幅に急落していますが

これも原因の1つではないかと言われています。

 

バイナンス、オーストラリアで仮想通貨デリバティブ取引の提供を停止へ

要点

・仮想通貨取引所バイナンスはオーストラリアで 先物・オプション取引の提供を停止する予定を発表

・一方、現物取引など上記以外の機能は依然として利用可能

仮想通貨取引所バイナンスは21日、
オーストラリアで
先物・オプション取引の提供を停止する予定を
発表しました。

発表によると、サービス停止の対象となる取引は、
先物、オプション、およびレバレッジトークン。

オーストラリア居住の既存ユーザーが
未決済ポジションを9月24日09:00 AM(UTC)からの
90日以内に清算する必要があります。

また、全ての新規ポジション(建玉)を
開くことはできなくなるとのことです。

一方、現物取引など
上記以外の機能は依然として利用可能です。

バイナンスは多くの国の規制当局から
規制関連の警告を受けており、
すでに複数の欧州国、香港、シンガポールなどで
一部のサービス提供を停止しています。

 

今回の記事のまとめ

■『韓国、約40の仮想通貨取引所がサービス停止へ 』について

・韓国では、9月24日より仮想通貨取引所ライセンス制度が導入

・ライセンス登録していない取引所は24日以降サービス停止となる

■『バイナンス、オーストラリアで仮想通貨デリバティブ取引の提供を停止へ』について

・仮想通貨取引所バイナンスはオーストラリアで 先物・オプション取引の提供を停止する予定を発表

・一方、現物取引など上記以外の機能は依然として利用可能

 

昨日からビットコイン価格はさらに急落して

ここ3日間で50万円超下がったことになります。

もし押し目買いにチャレンジするなら慎重に判断したほうが良いと思われます。

ビットコイン谷 人気記事

3分で「本場のカジノ」を味わう方法を知らないままですか?

カジノで遊びたくても飛行機に乗り、

海外に行って遊ぶ以外に選択肢がありませんでした。

 

では、カジノに遊びに行く最も手軽な方法はなんでしょうか?

それは「インターネット」です。

 

最大手オンラインカジノ「Bitcasino.io」では、

自宅からスマートフォン・パソコンで「本場のカジノ」を楽しむ事が出来ます。

臨場感が溢れる「ライブカジノ」で遊ぶもよし、

慣れ親しんだ「スロットゲーム」で遊ぶもよし、

 

日本人スタッフによる24時間日本語サポート完備

入金/出金も"反映まで2分程度"と高速対応!

プレイヤーの手間を極限まで省いてくれています。

まずは「登録」して仮想通貨を狙ってみてはいかがでしょうか?

-仮想通貨ニュース

Copyright© ビットコイン谷 , 2021 All Rights Reserved.